【開腹手術&入院まとめ】H27年3月7日の出来事。入院3日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


【開腹手術&入院まとめ】H27年3月7日の出来事。入院3日目
ご無沙汰のkengorouです。
貧乏暇無し。
頑張って働いています。
さて、もう開腹手術から一ヶ月以上が経ちました。
ってか後数日で術後二ヶ月です…(汗)
早い…。早すぎる…。
全然まとめきれていないのに…!
そして入院時の記憶も薄れているのに…!!
って事で、備忘録のため分かる範囲で一番印象的だったことを書きなぐっていこうと思います。
この記事は前回の
【開腹手術&入院まとめ】H27年3月6日の出来事。入院2日目
の続きとなっています。

術後2日目の夜

術後、管抜いたり、吐いたり、歩いたりと体力的にヘロヘロだった私は術後2日目の夜を迎えようとしていました。
が!しかし、私は4人部屋だったのですが、他の入院患者のクセが強すぎて一切寝る事ができませんでした(泣)
どれだけクセの強い人がいたか説明しておきます。
まず隣の患者ですが、ヤクザ風なチンピラな方で何かと看護師に文句を言い、かつスマホのゲーム【ツムツム】を大音量でプレイする馬鹿野郎でした。
また、大きな声で病院の対応に不満を言い、何度も「はよ、専門の医者つれてこい!俺は肝硬変の治療しに入院したんじゃない!足の骨が壊死して痛くて死にそうやから救急で来たんじゃ!ぼけ!」とわめき散らします。
こいつに付けたあだ名は「肝硬変チンピラ野郎」です。
ただ救いだったのは、この人は起きている間はうるさかったのですが、夜はすぐに寝てくれるので静かだった事です。
次に私の右斜め前の患者は、血便が止まらない60代男性です。
この方がもう最悪でした(汗)
基本大声で話すので、会話が全部筒抜け。
まぁそれはいいのですが、腸のどこかがおかしいらしく血便が止まらないため、ベットの横にポータブルトイレがおいてあり、数分置きに大をするのです(泣)
4人部屋といってもかなり狭い空間です。
そんな中で大をされるのです。
しかも血便が止まらないゲーリー状態です。
想像してみてください。
数分ごとに大をする音と匂いが部屋に広がるのです(泣)

その度にナースコールの音がビービーいいます。
こんなもん寝れるかい!!!
この人に付けたあだ名は「血便エンドレス」です。
さらに私の前の患者は、その日救急で運ばれてきた40代くらいの男性でした。
こやつも本当に最悪でした。
というのもしゃっくりと嘔吐が止まらないらしいのです。
しゃっくりも「ヒック!」って可愛らしいものじゃないんです。
おっさんのしゃっくりです。
音もなぜか「グエッ!」と聞こえます。
そして「グエッ!」「グエッ!」としゃっくりしていたかと思うと、「グエッ!グ、グ、ヴオエェェ!」と嘔吐しだします。
その後また「グエッ!」「グエッ!」としゃっくりを繰り返すのです。
あまりにもうるさいので「血便エンドレス」もご立腹し、看護師さんに「隣のやつなんとかしてくれや!」といいながら自分は血便を垂れ流しておいででした(笑)
このしゃっくり野郎には「騒音しゃっくりゲロ野郎」と勝手にあだ名をつけてやりました。

カオスな世界

こんなクセのある人たちに囲まれて就寝になったのです。
しかし、上記で説明したような状態なので寝れるはずがありません。
それでも目をつぶっていれば寝れるはず!だって手術後で疲れてるはずだもん!!!
って考えて目をつぶるも、「血便エンドレス」の大の音と匂い、「騒音しゃっくりゲロ野郎」のえづく声にどうしても寝れません。
たまりかねた私は夜中の1時頃にナースステーションに行って「すいません。どうしても寝れないので個室に移動させて下さい」と懇願しにいきました。
しかし、夜勤の時間帯に病室を移動できず、明日の朝移動の旨を伝えるので今日は我慢してもらうしかないとの事でした…(泣)
そして夜中の2時過ぎに「血便エンドレス」は眠りに付いてくれたのですが、「騒音しゃっくりゲロ野郎」はついに夜が明けるまでしゃっくりと嘔吐を繰り返しておりました(泣)
カオスです。
術後2日目になぜ徹夜しているのでしょうか。
こんな状態で傷が良くなるはずが無いです。
こうして私は一睡も寝る事が出来ないまま、術後3日目をむかえる事となったのでした(汗)

その後

朝の回診を終え、その後看護師さんがやってきて、個室の案内をしてくれました。
が、今は一番高い部屋しか開いていませんがどうしますか??という質問でしたが
即答でオッケーです!
と回答し、めでたくこの日から個室生活がスタートしたという流れです。
個室に移動してから気絶するように眠りについた事はいうまでもありません(笑)
いやー、もうあの世界はこりごりです。
ってか手術自体がこりごりなんですが、やはり病室は個室が一番良いですね(汗)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. 匿名 より:

    さすが大阪ですね。
    自分は幸か不幸か病室には昔から恵まれてます。
    しかしクローン病患者に血便エンドレスとネーミングされる男がいるなんて世界は広いね。

  2. シルク20 より:

    (゜ロ゜;ノ)ノ!!(゜ロ゜ノ)ノ((((;゜Д゜)))
    ハード過ぎる…
    血便の香りもリアルにわかるから尚更…

  3. kengorou より:

    ドンさん
    コメントありがとうございます☆
    やはり大阪という土地柄が影響しているのでしょうか…。
    個性強すぎです(汗)

  4. kengorou より:

    シルク20さん
    コメントありがとうございます☆
    いやー、本当にハードでした(汗)
    こんな部屋になった人っているんでしょうかね??(笑)

  5. 蝶々 より:

    いやー笑った!笑った!
    そこ始めから個室でしょう!こんな悲惨な話し 笑える所がベテランかしら?(笑)
    1番高い個室の値段が気になります(笑)

  6. kengorou より:

    >蝶々さん
    コメントありがとうございます☆
    個室の値段は、1番安いタイプで1日8000円で、シャワー、トイレ無しです。
    次のグレードは1日10000円です。
    このタイプはどんなのか聞いていないので分かりません(汗)
    で、1番高いのが1日12000円のタイプで、シャワー、トイレありの部屋になります☆
    私は、相部屋→12000円部屋→8000円部屋と移動しました☆

  7. 天丼 より:

    PASS: 2bf04cef47e4d074d83783ecf74d931a
    そういえば外科に入院した20年ほど前、6人部屋で隣の人(クローンですが)のう○この臭いを嗅ぎながらお粥を啜った記憶を思い出しました。
    でも確かに個室に移りたくなりますね、これは。

  8. しょうがないと より:

    PASS: cf509e9ba4b9a20329ba319eeaf612fb
    しょうがないと思いますよ。
    病院なんて色々な病気の人がいるんだから。自分も他の人から見たら、うるせーなと思われてるかもよ。
    耳栓でもして寝れば良かったのに。

  9. kengorou より:

    天丼さん
    コメントありがとうございます☆
    同じような体験されてらっしゃるんですねwww
    この時は本当に一緒の部屋にいるのが限界でした(汗)

  10. kengorou より:

    しょうがないとさん
    コメントありがとうございます☆
    しょうがないですよねー。
    ちなみに耳栓も持っていってましたが、効き目ゼロでした(汗)

  11. くまこ より:

    PASS: 21359ba23388d56cc708e7d9e9300ba8
    kengorouさん、こんばんは。
    くまこと申します。
    私は今年の3月にクローン病の疑いがあると医師に言われ、勉強のためにkengorouさんのブログを読ませていただいておりました。
    この度ブログを開設したこともあり、思い切ってコメントさせていただきます。
    文章がとても面白く、大変な入院生活だったとは思うのですが、思わず笑ってしまいました!
    私も入院中、同室の患者さんのおかげで眠れ無い日がありました。日中はまだ我慢できても、夜は心穏やかに寝たいですよね(笑)

  12. kengorou より:

    くまこさん
    コメントありがとうございます☆
    返信遅れて申し訳ありませんでした(汗)
    今年三月にCDが確定したんですね。
    大変ですが、お互いがんばりましょうね!!!

コメントを残す

*

nine − 1 =