クローン病と生命保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


クローン病と生命保険
レミケード後4日が経ち、なんとか調子が戻ってきた今日この頃です。
毎日下痢だった便通も、なんとか形あるものになってきました。
普通の状態ってやっぱりいいもんですね(笑)
さてレミケードさえ続けていればなんら普通の人と変わりない生活が送れている私ですが、保険の世界では普通の人とは認めてくれません(汗)
というのもクローン病は難病指定されているため、保険などにとても入りづらいのです。
というか、私の経験上ほとんど入れませんでした(泣)
※あくまで私個人的な見解です。保険のプロではないので詳しい事はわかりません(汗)
しかし、そんなクローン病患者に対しても入れる生命保険があることを知っていますでしょうか。
私は知りませんでした(笑)
一応そういうものもあるんだと、覚えておくためにも書いておきます。

なぜ生命保険に入れないのか?

私の場合、実は生命保険に入っています。
それは何故か???
そうです。
クローン病と分かる前に生命保険に入っていたからなんですね(笑)
これはかなりラッキーでした。
死亡保障は勿論の事、入院時の特約までついているので、入院時には保険料が支払われます。
娘が誕生し嫁さんと将来について話をしていて、やっぱり学資保険に入っておこうという事になり、保険の窓口で職員の方と話をしました。
んで、色んなプランの中から良さげなものを選び、いざ契約の書類を書くときにふと
「私クローン病という病気を患っているのですが、入れるんですかね?」
と聞くと、職員の方の顔が「あら~…」という感じになり、調べて頂いた所やはり保険には入れないという回答でした。
仕方なく私の代わりに嫁さんの名義で保険に入り、無事に学資保険に入ることが出来ました。
しかし、この時
「やっぱりクローン病だと保険に入れないんだな…」
と認識しました。
生命保険ならまだしも、学資保険でも入れないとは思っていませんでした。
生命保険や学資保険に入れない理由は、やはり健康な人より病気になる可能性が高いという理由だからでしょうかね??
生命保険のカラクリ

今は入れる???

クローン病は生命保険には入れない。
と、ずーっと思っていたんですが、ホームページなどで調べて見ると、案外そうでも無いみたいです。
日本炎症性腸疾患協会のホームページには以下のように書かれてありました。

●炎症性腸疾患患者様の生命保険加入へ三井生命が門戸開放
NPO法人 日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)は発足以来、一貫して炎症性腸疾患の患者様が生命保険に加入できないという現実を大きな問題ととらえ、様々な模索をしてまいりました。
その中で三井生命保険株式会社の協力をとりつけ、両者間で度重なる検討を行い、このたび炎症性腸疾患の患者様に対して三井生命が保険加入の門戸を開放する運びとなりましたのでお知らせいたします。
これまで生命保険契約に関して引受対象から除外されておりました炎症性腸疾患の患者様も、一定条件のもと三井生命のすべての個人保険商品に関して引受対象となり、一般の方と同様、生命保険加入が可能となります。(ただし、病気の重症度・治療内容および保険種類等によっては加入できない場合もあります。)
ご加入いただける保険や加入条件は患者様それぞれで異なるため、三井生命が炎症性腸疾患患者様専用の相談窓口を開設いたしました。
三井生命で販売している個人保険商品については商品パンフレット、または三井生命のホームページでご確認ください。(URL:http://www.mitsui-seimei.co.jp/)
[ 参照記事:日本炎症性腸疾患協会/CCFJ トピックス ]

また、難病ドットコムのクローン病に関する記述にも以下のように書かれています。

●クローン病患者でも加入の可能性がある生命保険
これまでは持病で通院中だったり、過去に大病を患った経験があっただけで加入が難しかった生命保険。健康な人より病気になる可能性が高いという理由でした。そのため、クローン病になってから加入できる生命保険はほとんどありませんでした。しかし、いまでは新型医療保険が登場し、一定の条件を満たせば加入でき、クローン病の再燃で入院した際に入院給付金を受け取れる商品もあります。
ただし、加入できる年齢が40歳代以上だったり、終身ではなかったり、月額の保険料が高額であったり、加入者側として給付内容に注意が必要な部分もあります。保険会社のかたと良く相談し、もしもの際に自分と家族にとって一番必要な保障を設計しましょう。
[ 参照記事:難病ドットコム > 消化器系疾患 > クローン病 > 暮らしと人生 ]

さらに、難病ドットコムのサイトでは各保険会社のリンクもありますので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

保険って難しい

保険といっても様々な種類がありますよね。
さらに保険だけでなく、ローンを組むときにも一苦労するんです。
これも生命保険に入りづらいように、健康上の問題を理由にされることが多いようです。
私の場合、クローン病と診断される前に家のローンを組んだので、審査に難儀したということはないのですが、もし順番が逆だったらどうなってたのかなと不安になります。
先に挙げたように生命保険の加入も少しずつ広がってきているようなので、今後クローン病に対する評価も変わっていくかも知れませんね。

クローン病ってこんな病気
潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事
クロ-ン病患者が本当にききたいこと
----------------------------------------------------------------------–
(12月3日の食事と体重)
【  朝の食事   】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal(脂質3g)
【   間食    】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
【  夜の食事   】ちゃんぽん = 800kcal(脂質30g)
【 総摂取カロリー 】1700kcal(脂質33g)
【 体重(朝計測時)】50.8kg
【 体重(夜計測時)】51.6kg
【   腹痛    】なし
【  肛門痛    】なし
【  便の回数   】朝軟便
【   出血    】なし
【   体温    】午前:測定無し 午後:測定無し
----------------------------------------------------------------------–

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. かばちょ より:

    PASS: 1d0a7f3111a4c29cdd8f0941dc8cac13
    生命保険に関連して、銀行から住宅ローンを借りるのがほぼ難しい状況です。
    住宅ローン商品のほとんどが団体信用生命保険の加入が条件となっているからです。
    フラット35という加入が条件になってないローンもありますが、いろいろ難しいようです。
    クローン病の他にも糖尿病の人とかも難しいみたいですね。
    入れない理由は健康な人とのリスクが不平等になるためと聞きました。
    10台で発症する人も多く、保険に入れてない人も多いようで、そういった問題もあるんだなぁと思わされました。
    いろいろ難しいですね。

  2. kengorou より:

    かばちょさん
    コメントありがとうございます☆
    生命保険も住宅ローンにしても、クローン病というだけで色々難しいですよね(^^;)
    私は生命保険も住宅ローンもクリアできたのでマシですが、10代で発症していたらまた人生変わっていたかもしれません(汗)

  3. しょうちゃん より:

    はじめまして・・・
    俺もつい先日、ほかの方のブログで三井生命のことを知り
    資料請求もして、明日セールスマンが(セールスレディじゃないのが気になるけど・・・)来て説明してくれるって話になっていたんですが・・・
    仕事が忙しくて休みが吹っ飛んでしまったので・・・
    次は未定ですが・・・
    結果をまた報告させてもらいますね。

  4. kengorou より:

    しょうちゃんさん
    コメントありがとうございます☆
    他のブログでも三井生命のことが書かれてあったんですね☆
    やっぱり有名なんですかね??
    また結果教えて頂ければ皆さんに情報を提供出来るので宜しくお願いいたします(^o^)

  5. LIFE より:

    入れる保険ありますよ、三井じゃありません。
    掛け捨てですが、ちゃんと入院保証もあります。条件がちょっとだけあるのでそれが大丈夫なら普通に入れます。
    あとは共済もありますよ。こちらは条件なしです。
    具体的には書いていいか微妙なのでここでは割愛します。

  6. kengorou より:

    LIFEさん
    コメントありがとうございます!!
    入れる保険あるんですね☆
    しかも条件なしって素晴らしい!!
    共済という事で調べたら出てきそうですね。
    有益な情報ありがとうございます。

コメントを残す

*

16 − thirteen =