クローン病の医療費(公費助成制度)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


クローン病の医療費(公費助成制度)について
こんにちわ!
この間の更新から、もう一週間以上も経ってるんですね(汗)
師走って本当に時間が経つのが早いッス!!
さて最近、年末調整などの書類を書く機会がありました。
※といっても少し前ですが…(汗)
この時期になると会社から書類を渡され色々提出しないといけない物がありますね。
んで、家であれやこれや書類を探していると、病院の領収書が出てきました。
嫁さんがちゃんと保管してくれているんですが、中身をみると0円と書かれているものがチラホラ…
そう。私達クローン病患者は『公費助成制度』のお陰で、月の支払額の上限が決まっているので『クローン病に伴う医療費の助成』が受けられるんですね。
これにより、医療費が公費で助成されるので私達の負担が少なくなるのです。
思い起こせば、クローン病と診断され特定疾患の申請をしてからもう丸2年も経ちます。
備忘録もかねてどんな手続きだったかメモしておこうと思います!

クローン病に対する医療費の公費助成制度

クローン病は、国が指定した「特定疾患治療研究事業」の対象疾患になっており、クローン病と診断された場合は、特定の申請手続きをすると「特定疾患医療受給者証」が送られてきて、クローン病に伴う医療費の助成が受けられます。
んで、特定疾患と認定されると、自分の所得に応じて1ヵ月あたりの医療費の月額の上限額が設定され、それ以外は公費で助成されるようになるんですね!
ありがたい制度です(泣)!!

どうやって申請するのか?

具体的な手続きや申請方法などは都道府県によって異なるのですが、自分が住んでいる町の最寄りの保健所で必要書類を用意し、手続きを行うのが一般的だと思います。
その際に必要になってくるのが『臨床個人票』です。
これは医師に書いてもらう必要があるので、病院でもらいましょう!
まぁ大抵はクローン病と指弾された時点で病院側から、特定疾患の手続きをするように教えられるので、手続きの仕方が分からないって事はないと思いますが、どういった流れなのかぐらいは知っておいて損はありません。

知っておこうこんなケース

私もこの記事を書いていて改めて知った事なんですが、医療費の自己負担分が変わるケースがあるんですね。
そのうちの一つが、「重症患者」に認定されると医療費自己負担分の全額が公費で助成されるという事です。
また、もう一つが治療後症状が軽快し、更新申請の審査において

  1. 疾患特異的治療が必要ない
  2. 臨床所見が認定基準を満たさず、著しい制限を受けることなく就労などの日常生活を営むことが可能である
  3. 治療を必要とする臓器合併症がない

の3要件を1年以上満たしたとして「軽快者」と認定された場合、医療費自己負担の助成が中断されます。
ただし、病状が悪化した場合、医師が症状の悪化を確認した日から1ヵ月以内に申請手続きを行うと、再び医療費自己負担の公費助成を受けることができます。
この2パターンがあるようです。
重症患者の基準などは調べても分からなかったので、機会があれば先生に聞いてみようと思います。
誰か知ってる人います??

特定疾患医療受給者証の申請と交付までの流れ

特定疾患医療受給者証の申請と交付までの流れは以下の画像が分かりやすかったので記載しておきます!
特定疾患医療受給者証の申請と交付までの流れ
[ 掲載元:ヒュミラ情報ネット ] だいたいこんな感じで、クローン病に対する医療費の公費助成制度については分かって頂けたのではないでしょうか。
今この公費助成制度について色んな議論があるようですが、是非とも続けて頂きたいなと切に思います。

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. 玲人 より:

    潰瘍性大腸炎は大腸を全摘したら完治するのとクローン病も生物製剤で寛解が維持しやすくなっていて関節リウマチが特定疾患になっていないので恐らく10万人を超えたら特定疾患からは外されると思いますよ…関節リウマチは関節に慢性的に炎症が起きて骨が壊れていく病気でクローン病は小腸・大腸に慢性的に炎症が起きて腸に穿孔・狭窄を作る病気で骨か腸かって違いだけなので近いうちには外れるとは思います。潰瘍性大腸炎は今回の公費助成制度の改正で10万人超えていて完治・寛解維持がしやすいので外されるはずだったのが今回は外されなかっただけですから。長文になってすいません(汗)

  2. tomohiro より:

    こんにちは。kengorouさんのブログよく拝見させてもらってます。kengorouさんに質問したい事がありましてコメントさせて頂いてます。私は、昨年の10月にクローン病で1ヶ月入院し1年が経ちました。住んでいる所は、佐賀県なんですが、今度、仕事で大阪に行きます。PCでいろいろ検索してたら、クローン病を漢方で治すという松本医院という所がありました。kengorouさんは漢方を飲んでみようと思った事ありますか?

  3. kengorou より:

    >玲人さん
    コメントありがとうございます☆
    10万人を超えたら特定疾患はずされる可能性があるんですね…(汗)
    まったく知りませんでしたよ…!!
    てかこれ外されると本当に困りますよね(泣)
    なんとか維持して頂きたいと思います!!!!!

  4. kengorou より:

    >tomohiroさん
    コメントありがとうございます☆
    ブログも読んで頂けて光栄です!!!
    さて漢方についてですが、私は今現在『ダイケンチュウトウ』という漢方を処方されて頓服として飲んでいます。
    これは腸の動きを活発にし、腸閉塞になるのを防いでくれる代物です。
    松本医院で出される漢方はどんなものかは知りませんが、クローン病に効くものであれば是非とも飲んでみたいと思いますよ☆

  5. りんりん より:

    こんばんは!お久しぶりです。
    確か、リウマチは来年度から特定疾患に追加するとどこかで読んだ気がします。
    リウマチも現段階で完治させるお薬がないのに不公平だとの声が多く、これを是正するためだとか、間違っていたら、すみません。

  6. kengorou より:

    >りんりんさん
    コメントありがとうございます☆
    返事だいぶ遅くなってしまいました(汗)
    リウマチも特定疾患に追加されるんですか!
    やはり原因が分からない病気っていうのは厄介ですね。

コメントを残す

*

3 × four =