シートンが取れた肛門様のご様子と日常生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どうも!
現在お尻に穴が2つ開いているkengorouです。
人間の身体って不思議ですね。
自分のオケツに肛門の他に穴がもう一つ開いてるを見ると、身体の不思議さを痛感します。

肛門様の不思議

私のオケツは1ヶ月前にパンパンに腫れていました。
肛門周囲膿瘍で膿が溜まり、それはそれは激痛でした。
それが限界を超え自壊し、肛門様の横に新たな肛門様が誕生したのでした。
肛門の横に穴が開く。
誰がそんな状態を想像できるでしょうか。
私は自分の病気を超オープンに喋りまくっているので、調子が悪いときなどはガンガン自分の症状を話します。
会社の方に肛門様を手術する事になった事を話し、その後の経過を問われたので
「(まだゴムが取れていないとき)私のオケツにはもう一つ穴が開いておりまして、そこにゴムを通している状態です。エヘヘ。
オケツにピアスをしているような状態と言えばオシャンティーに聞こえますかね?デヘヘ☆」

なんて、何でも無いように喋るとたいていの人は
…え?…え?!オケツに穴が開くってどういうこと?何それ?」
っていうリアクションが返ってきます。
ですよね−。ですよねーー。
肛門の他にオケツに穴が開くって意味分かりませんよねー。
私だってこの病気になるまで意味分かりませんでしたしね(笑)
だから私は普通にこう返します。
「簡単に言うと、肛門が二つになったと思って下さい。
クローン病では合併症で痔瘻が出来るんですよ。
え??痔瘻を知らない??
直腸に傷が出来てそれが膿んでしまって、それがオケツの皮膚まで達すると道が出来てしまう状態です。
え?キモイ?
いやキモくないですよ…!!!
…いや、キモイですね…。
でも新たに出来た肛門様、そうですね肛門ジュニアと言いましょうか、これはとても細い穴なので間違ってもウ○チがそこから出てくるような事はないんですよ!エヘ。
あっ、でも下痢ならちょっとヤバイかも知れないですけどね。
まぁ人によります。((`・∀・´))ドヤ

ってな感じにサラッと説明します。
すると9割方
「た、たいへんだねー…。 (゚A゚;)ゴクリ」
って感じで受け止めてくれます。
みんな心の器が広いねー☆
相手の引きつった笑顔がプライスレス!
プライスレス 必ず得する行動経済学の法則

現状の肛門様

ゴムが取れてようやく別々だった穴が一つになりましたが形がいびつです。
文字で表すとこんな感じでしょうか。
*-*
我ながら上手く表現できてると思うのですが分かりますかね(笑)
本当は画像でもアップしたら分かりやすいのでしょうが、私のオケツをネット上で配信するなんて百害あって一利なし!
そんな事をしたら誰もこのブログを見に来てくれなくなるでしょう。
それくらいのポテンシャルが私のオケツには秘められています。
そんなポテンシャルを実際の仕事で発揮することができたのでしょうか。
今回の人事でなんと私、係長に昇進する事ができました!ヽ(´▽`)ノワーイ♪
こんなブログを書いているので、真面目に仕事していないと思っている人もいたかも知れませんが、私結構頑張ってるんですよ!
なんせ子供4人抱えてますからね!!!
毎日必死ッスから!!!!!!!(泣)
このブログも毎日の通勤時間に書き貯めてあるものをPCであげとります。
スマホってほんと便利ですね。
ってな事で何が書きたかったのか分かりませんが、私は元気です。
ではまた☆

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. 20 より:

    黄門さま!!
    最高です♪
    そして、
    四人のパパさんなんて敬意を表します(^o^ゞ
    穴があいても頑張らねば!!
    同じく子を持つ親として私も必死にクローンと生きてます!!
    ガンバろ♪

  2. kengorou より:

    >20さん
    コメントありがとうございます☆
    子を持つ親としては、クローン病に負けていられないですよね!!
    共に頑張りましょう!!!

コメントを残す

*

1 × one =