鼻チュー5パック1400mlを155ml/hで落とした結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


鼻チュー5パック1400mlを155ml/hで落とした結果
風邪っぴきで微妙な体調を維持しているkengorouです。
この間、健診に行ってきました。
イムランを服用するようになってから、私の健診サイクルは1ヶ月に1回となっています。
そこで血液検査の結果は白血球約8000、血小板の大きさが約94、貧血は無し、そしてCRPは1.8となっていました。
本来はレミケード4週目なのでまだ効いているはずなのですが、風邪を引いていたのでCRPが高くなっているのだろうとの事でした。
前回もCRPは1.3と、最近1台になってきており先生も鼻チュー効果かな?イムランかな?
とりあえず今のまま様子を見ようという事になっています。
私的には鼻チュー効果のはず!!
と勝手に思っています(笑)
んで、この鼻チューですが、今までエレンタールを4パック分使い、1200ml作りそれを大体150ml/hくらいで落としていましたが、エレンマスターこと「ドンさん」から200ml/hでもいけるよwとアドバイスを頂いたので、自己責任のもと、少し実験してみました(笑)

少し濃いめに作ってみる

まずエレンタールは1パックを300mlくらいにして作るように推奨されています。
これは濃度が濃いと下痢しやすくなったり、腹痛が起きたりする事があるため、出来るだけ薄めに作った方が良いのです。
しかし、これも個人差があるので多少濃いめでも下痢や腹痛などの副作用が出ない人もいます。
私もどちらかと言えば、エレンタールで下痢や腹痛にはなりにくい体質のようです。
ただ、希に経口で飲むのが早かったり、冷やしすぎたりしたときは下痢・腹痛がきたりします(汗)
ですので、今回はちゃんとぬるま湯で溶解し、飲む速さもポンプで一定なのですこし濃いめに作ってみることにしました。
いつも鼻チューの時はエレンタールを4パック使い、1パックを300mlの分量で1200ml作ります。
しかし濃いめに作ると言う事でエレンタールを5パック使い、1400mlになるように作ってみました。
1パックあたり280mlの計算です。
プラスマイナス0|デジタルタイマー

少し早めに落としてみる

ドンさんいわく200ml/hでもいける!との事でしたが、チキンな私はいきなり200ml/hに挑戦できません(笑)
今回はたまたま鼻チュー開始から朝起きる時間までに9時間くらい余裕があったので、155ml/hで落としてみることにしました☆
この速度も人によっては速いと下痢したりするので、自分はどの速さまでなら大丈夫なのか身体で覚えるしかありません(笑)
とにかく、これで5パック分の栄養1500kcalが寝てる間に取れてしまう計算です!
素晴らし過ぎる!!!
勝てるカラダをつくる!栄養と食事

結果

朝、鼻チューポンプのアラーム音で目が覚めました。
夜中、途中でトイレに行くような事もなく、以外と普通!
さすがに朝のトイレでは便は軟らかかったですが、水溶便みたいな下痢にはなりませんでした。
今回の実験は無事成功です(笑)!!!
しかし、目指すはエレンマスター「ドンさん」が生み出した
「6パック出来上がり1500ml、降下速度250ml/h以上」
と、超濃いうえに、猛スピードというワールドレコードです(笑)
この記録にいきなり挑戦しても失敗するのは目に見えて明らかですので、まずは自分がどの速度なら下痢をしないのか見極めるために降下速度を上げていきたいと思います。
ギネス世界記録(2013)

おまけ

鼻チューをやり続けて約3ヶ月が経ちました。
んで3ヶ月前には47kgだった体重ですが、昨日測ったところ53.6kgまで増えていました(驚)
やはり体重が増えると体力も付いてきますね☆
この調子で体調も維持していきたいです。
あと、エレンタールで脂肪肝になる事があるので、次回診察時にこの飲み方で脂肪肝にならないかも聞いてみたいと思います!!!
ではまた☆

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. LIFE より:

    なにやら色々挑戦しているようですね…。
    ただしお気をつけくださいね、用法外のことで何か起きたら全部自分性ですから。(^_^;)
    私の場合、酷い狭窄や、直ぐに低血糖になるなどあるので、下手にスピードを上げると腹痛や下痢云々の前に、下手すりゃご臨終にもなりかねないので無茶しませんね。
    あとポンプ!kengorouさんがどのポンプをお使いかわかりませんが、あまり馬力のないのもあるので、濃いめに作って沈殿とかつまりとかあるとエラーで止まる場合もありますので、お気をつけを。
    一番大切なのは「量」や「速さ」じゃなく「吸収率」なので、一番良さげな部分を探ってみて下さいね。

  2. kengorou より:

    >LIFEさん
    コメントありがとうございます☆
    私も低血糖って気になってたんですが、低血糖の症状ってどんな感じになるのでしょうか?
    また、それはエレンタールの飲み方によって出てくるものなのでしょうか??
    ちなみにポンプはApplix Smartというやつです☆
    あと吸収率ですが、一番効率が良い飲み方が分かる方法って無いんですかね(^^;)

  3. ドン より:

    こんにちは。
    無責任ドンです笑。
    どきどきしながら読み進みましたが、ホッとしました笑。
    濃さ・スピードはおいといて、体重が増えているのがうれしいですね。
    3ヶ月で6キロ増えているという事実は、やはり凄いものです。
    体重が増えるということは吸収されていることなので自信を持っていいですね。
    増量スピードアップは「自分の感覚」が大事なので、まねする部分としない部分をうまく調整して下さいね。
    過去に何回も書いてますが、自分の場合は本当に下痢とかを気にしないで突き進んでいったので、「副作用がなかった」のではなく、「下痢はたくさんしたよ」です。
    下痢のデメリットより体重を増やすことを考えた一つのパターンですから、参考にしたり、しなかったりしてくださいね。
    自分は夜中にトイレで吐いたこともあったよ。
    とにかく目標は「体重を増やす!」だったので、kengorouさんもカラダと相談しながら頑張って下さい。
    体重が増える=肉が付く=腸にも肉が付く=穴が塞がる
    安直なイメージですが、この信念でした。
    ちなみに今の自分は先日のブログに書いたとおり、現在、人生最高体重となっております。
    86.4キロです。
    さすがに太りすぎでやばいなと思いますが、肝機能数値は全く問題ありません。
    太りすぎは良くありませんが、昔のクロン患者は、体調壊して体重が減っても一定程度維持できる貯金(貯金体重)があったほうがいいと話をしていたので、その思いが今でもあるのです。
    kengorouさんは、再スタートしては順調なスタートを切ったと思います。
    いま、47キロだったら・・・、心配ですよね。
    まずは60キロを目標に頑張りましょう!
    そして、CRP、1以下を目指しましょう。
    これで第一段階クリアです。
    ちなみに今でも下痢するときは下痢しますし、生意気にも固形便になるときはなります。

  4. kengorou より:

    >ドンさん
    コメントありがとうございます☆
    副作用を気にせず我が道を突き進むその根性…
    見習いたいものです(笑)
    いまだかつて60キロなんてなったことが無いので、それくらいを目標に頑張りたいです!

  5. ペコ より:

    こんにちは!
    私の場合は、1パック250mlで、140~160ml/時間でやってました。
    溶かし方が甘くてよく夜中にエラーでエレンタールが落ちてこなくて起こされましたよ・・・(笑)
    寝ながら飲み物を飲んでるってイメージなので、早すぎると夜中気持ち悪くなって起きる場合があるので、できるならゆっくり入れたほうが良いですよ!
    ちなみに私は脂肪肝です(´・ω・`)
    エレンのせいなのかは謎ですが(笑)

  6. 玲人 より:

    俺は23歳にして肝数値が悪くなりかけてて主治医によると恐らくレミケードかペンタサのせいじゃないかと言ってますが薬自体が肝臓に負担かけますし仮にもエレンタールは薬ですから脂肪肝や慢性肝炎(肝硬変や肝臓がんには気をつけないといけませんが)になるのは仕方がない気もしますが…まぁお酒いくら飲んでも肝数値が悪くならない人もいるわけで元々持って生まれた体の強さも関係あると思いますよ。クローン病や潰瘍性大腸炎である以前に。

  7. kengorou より:

    >ペコさん
    コメントありがとうございます☆
    なるほど!早すぎると気持ち悪くなることがあるんですね。
    そういう事があるのも含めてやはりゆっくりめが丁度良いのかもしれませんね。
    脂肪肝ですが、私の主治医が飲むスピードが速いと脂肪肝になると言っていたので、次回はもっと詳しく聞いてきたいと思います。

  8. kengorou より:

    >玲人さん
    コメントありがとうございます☆
    確かに、お酒を沢山飲んでも平気な人はいるので、人によって変わってくるのかもしれませんね。
    納得です☆

  9. LIFE より:

    ご返事遅くなりました。
    低血糖ですが、これも人それぞれですよ。私の場合よく言えば繊細、悪く言えば鈍いんですよ。糖分を摂取したら血糖をコントロールするためにインスリンがでますが、私の場合敏感に反応してインスリンがドカっ!と出るくせにスっとひかないので低血糖になりやすいんですよ。
    ちなみに低血糖は簡単に書くと、何もしてないのに全力疾走したあとのような疲労感になります。息が上がったり、汗が出たり、フラついたり。これは最悪の場合ですは、死んじゃいます。私病院で寝てる間になった事がありまして、かなり危ない所まで行ってしまったことがありまして。(爆)
    ま、私のような例は極端なものなので問題はないと思いますが、そんな事もありますので。
    あ、あと脂肪肝ですが、エレンを摂取している方は脂肪肝の傾向がありますよ。これは仕方のない事です、飢餓状態にならないようにため込んでしまうのは人間の性ですよ。(^ ^;)

コメントを残す

*

3 − one =