小腸造影の結果を受けてイムランを服用することに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小腸造影の結果を受けてイムランを服用することに

こんにちは。
先週の土曜日に小腸造影の結果を聞きに病院へ行ってきました。
とりあえずこの結果次第で、もう少し内科的治療を続けていくのか、はたまた外科的処置をしなければならない状況なのかを判断することになります。
私の希望はもちろん内科的治療優先で、外科的処置は最終手段と考えています…(汗)
それにしても腸閉塞になってからと言うもの、あの痛みをもう一度経験するくらいであれば手術してしまった方が楽なのかな?という気もするのですが…
一体結果はどうなったのでしょうか…。

小腸造影の結果

当日病院へ到着し診察を待ちます。
そして私の番がきて、診察室へ通されます。

先生「小腸造影の結果ですが…」
私「は、はい… (;゚д゚)ゴクリ」
先生「結論から言えば手術はしなくても大丈夫です。」
私「マジっすかー!ヤタ━━━━ヽ(*´Д`*)ノ━━━━!!!!」

という事でまずは手術回避が決定しました!!!
嬉し過ぎるぜぃ!!
小腸造影の写真を見せてもらいましたが、やはり小腸の出口付近が狭窄気味になっていました。
しかし、先生いわくこれくらいならバルーンで拡張できるレベルとの事。
潰瘍がマシになっていれば出血のリスクもないだろうと。
もし次イレウスになったときはバルーン拡張を考えましょうという判断になりました。

イムランの服用

で、この狭窄を進めさせないためにもいまいち落ち着かないCRPをまず沈静化させましょうと言う事になり、イムラン+レミケードのコンビネーションを提案されました。
昔であれば

私『免疫調節薬はイヤでございます!(`・ω・´)キリ』

とか言ってましたが、現にイレウスになって入院までしてしまったので、ここは素直に先生の提案に従っておこうという気持ちになっておりました。
といういきさつがあり、イムランを服用して経過をみることになりました。
さて、この結果がどう出るか…
次回は8月25日に診察です。
この時に血液検査をして白血球と血小板をみて副作用を判断するようです。
ちなみに今回の血液検査ではCRPは
1.4
でした。
ここ最近では一番低い!!!
できればこの低いまま沈静化して欲しいねんけどなぁー!!
頼むからこれ以上、悪くならないでくれよ~(>_<)
俺の腸よ…!!!
ではまた☆

クローン病ってこんな病気
潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事
クロ-ン病患者が本当にききたいこと
————————————————————————
(8月6日の食事と体重)
【  朝の食事   】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
【  昼の食事   】うどん = 300kcal(脂質10g)
【   間食    】エレンタール2本 = 600kcal(脂質0g)
【  夜の食事   】ご飯,味噌汁,カレイの煮込み,煮卵,エレンタール = 900kcal(脂質20g) =
【 総摂取カロリー 】2100kcal(脂質30g)
【 体重(朝計測時)】46.9kg
【 体重(夜計測時)】47.5kg
【   腹痛    】なし
【  肛門痛    】なし
【  便の回数   】夜普通便
【   出血    】なし
【   体温    】午前:測定無し 午後:測定無し
【  身体の調子   】普通
————————————————————————

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ドン より:

    この結果は、気づいてないかもしれないかも知れませんが、大いなる分岐点を乗り越えてます。
    暴飲暴食をしていたら恐らく手術の可能性も大きかったと思います。
    あえて言いましょう、おめでとう!
    と。

  2. LIFE より:

    現在できるだけオペはしない方向なのでそうそうオペになることはないと思います。
    kengorouさんでオペならエアでパンパンにしても10mmにも満たない私はあっという間にオペですよ。
    で、現在ではレミケ+イムランというは結構多くなっている&かなりの成果を上げております。大きな括りで行けば両方とも免疫抑制剤ですし、正直免疫抑制剤よりも副腎皮質ホルモンの長期使用の方が後々面倒なことになります。それに比べれば一時集中的に使用して治すのは良いと思います。
    話は変わりますが、九月には私が通っている病院の患者会(腸寿会(ちょうじゅかい)のお泊り会があります。ネタはゴロゴロありますので、また何かわかったら報告しますね。この患者会はことしで21年、ドクターもナースも患者もすべて巻き込んでも患者会なのでネタの宝庫でございます。
    kengorouさんも近くに患者会やIBDの会があると思いますので、参加してみるといいかもしれませんよ。色々な講演会もありますし。

  3. kengorou より:

    >ドンさん
    コメントありがとうございます☆
    入院はしましたが、なんとか手術を回避できて一安心です☆
    これからも食事の管理には気をつけて、体調を整えていきたいと思います!

  4. kengorou より:

    >LIFEさん
    コメントありがとうございます☆
    手術は本当に最後の手段なんですね。
    入院したところの外科医は『手術!手術!』と言っていたので、やっぱり手術ってよく行われるものなのかな?と思ってしまいました(汗)
    レミケ+イムランはかなりスタンダードな治療法なんですね。
    私もいつまでも免疫抑制剤という響きにビビッてないで、どんどん試していきたいと思います(笑)
    患者会の件ですが、大阪でもあるんですかね??
    一度調べて見たいと思います☆
    LIFEさんの患者会の話しも楽しみにしています☆

コメントを残す

*

two + 6 =