クローン病の外食の定番と言えば蕎麦!ちょっとお高い所に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


蕎麦
少しご無沙汰してたkengourouです。
最近17年ぶりに中学時代の友人と会う機会があり、それをきっかけに二人でご飯へ行く事になりました。
美味しい蕎麦屋さんがあるとの事だったので、連れて行ってもらいました☆

高級感漂うお店

友人に連れて行ってもらったおそば屋さんは普通の人は見つけれない場所にありました。
そして予約しておかないと入れないレベルです。
クローン病にとって外食は気を使う物ですが、このお店はそんな心配は無用でした。
店の写真を取り損ねてしまったのが残念です。

突き出し

まず「突き出し」が出てくるのですがこれがすごかった。
豆腐が出てきたのですが、食べた事無い味の豆腐でした。
なんとかの「にがり」を用いた手作りの豆腐だそうで、醤油などかけずにそのままで濃厚な味がしました。
クローン病に豆腐なんて最高です!
これも写真取り損ねたのが悔やまれます(汗)

旬の寿司

この日のメニューには寿司がオススメで書かれていましたので、真あじの寿司をオーダー。
ちなみに1巻で300円近くします…(驚)
それがこちら。
寿司
もうね、激ウマ。
なにこれ。
アジってこんな甘みのある味したっけ?
10個ぐらい食べたかった。
あと鯖の炙り寿司もオーダーしたんだけど、これはなぜか写真を撮るの忘れて、無我夢中で食べてました。
だって旨いんだもん。
東海寿司の本

で、蕎麦屋さんにはたいてい鴨がメニューにあります。
もちろんこちらのお店では新鮮な鴨が用意されているようで、鴨ロースを注文しました。
それがこれ。
鴨ロース
こんな鴨食った事ありません。
柔らかくて、臭みもないジューシーなお肉。
今まで食べた鴨肉は固かったので、本物は違うんだと改めて認識しました。
値段が高いものって凄いね。
ちなみにクローン病にお肉って大丈夫???
と思われますが、鴨の脂肪には、不飽和脂肪酸が多く含まれ善玉脂肪酸として血中コレステロールを低下させる働きがあります。
さらにビタミンA、E、B2や鉄分も多く含むので健康維持、美肌、貧血 にも効果的です。
また鴨の脂質である不飽和脂肪酸もリノレン酸というもので、これは

脂肪の種類によって腸管上皮機能への影響や炎症惹起作用に違いがあることやω(オメガ)-3多価不飽和脂肪酸(リノレン酸など)がω-6多価不飽和脂肪酸(リノール酸など)に比べ炎症惹起作用が少なく、ω-3/ω-6比を高めた脂肪摂取はクローン病の病態の悪化に影響しない可能性が示されています。
クローン病の栄養療法 - ラコールの投与例|高野病院

とあるように、クローン病の悪化に繋がりにくいとされています。
※といっても素人判断なので、食べる食べないは自己責任で!!!!
で、鴨肉が旨すぎたので最後の締めに、鴨南蛮そばをチョイス!!!
やっぱり蕎麦屋さんなんで、蕎麦食うでしょ!!!
しばし待っているときました鴨南蛮蕎麦!!
じゃん!!!
鴨南蛮蕎麦
なんか上品過ぎでしょ!!
でも旨そう!
で、食べるとこれまたウマーーーーーイ!!!
今まで食べてきた蕎麦は何??偽物?
ってくらい蕎麦の味がスゲー!!!
あと鴨肉がやっぱりウマい!!!
あぁ、クローン病でもこんな旨いもん食べれるとは…。
蕎麦と鴨の味を堪能しつつ、超満足でした。
お会計の時はドキドキしましたが、思ったよりリーズナブル!!!
これは嬉しいです。
本当に美味しいお店を教えて頂き、友人には感謝です☆
次は嫁さんとの結婚記念日に二人で来たいと思います!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. はると より:

    めっちゃ美味しそうですねー。。。
    今度行ってみたいのでまた場所教えてください♪

  2. kengorou より:

    >はるとさん
    コメントありがとうございます☆
    旨いですよー☆
    良かったら次のオフ会はここでやっても良いかもしれませんね(笑)
    高いけど…(汗)

コメントを残す

*

five − three =