CCJapanを定期購読し、Vol.60が届きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

CCJapanを定期購読し、Vol.60が届きました
昨日家に帰ったら定期購読した「CCJapan Vol.60」が届いておりました!
一つ前の「CCJapan Vol.59」では「学会2010」という特集が組まれており、普段聞くことの出来ない医療関連のお話が載ってありました。
[ 関連記事:CCJapanを定期購読し、Vol.59が届きました ] 今回の特集は「読者体験談」と言うことでクローン病や潰瘍性大腸炎を患っているIBD患者の皆さんの体験談が掲載されておりました☆

Vol.60を読んで

先ほどご紹介したとおり、今回は同じ病気の方々の体験弾がメインとして掲載されています。
中には私が参考にしているブログの管理人であるajariさんも載っていました☆
[ 参照:時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病,潰瘍性大腸炎) ] 私もajariさんと同じ所で治療を受けているので、勝手に親近感を覚えてしまいます(笑)
全ての方の記事を読ませて頂きましたが、どなたも病気と付き合いながらも前向きに人生を歩もうとされていました。
私もクローン病と診断された時はかなりショックでした。
しかし、長年原因不明の体調不良や痔ろうに悩まされ続けてきた原因が分かった事が素直に嬉しかったのも事実です。
また病気が判明したことで、食への意識が高まったり、また一日一日を大事に思えるようになりました。
そして、病気になったからこそ人の辛さも少しは分かってあげられる自分になれたと思います。
私が尊敬する人物の言葉で

「病気になることが不幸ではない。心が病気に負けることが不幸なんだ。」

という一節があります。
この言葉を聞いたときに全身に衝撃が走ったことを覚えています。
体験談を読んで、みんな病気に負けることなく頑張っているんだなと感じました。
私はクローン病患者となってまだ3ヶ月目の初心者です。
現在クローン病患者は増加傾向にあると聞きます。
これから増えて来るであろう私のようにCD初心者の方が、このブログを見て少しでも為になったと言って頂けるような、情報提供が出来るように日々努力して参りたいと思います。
あっ、あとブログの記事の最後に貼ってあるランキングのバナーですが、当初はブログを華やかにしようと思いデザインの一部のような感じで設置しておりました。
しかし他のブログの方を見ていると
「クローン病という病気があるんだよ!」
というクローン病の啓蒙の為に貼ってあるという方をお見かけし、大変感銘を受けました。
私も軽い気持ちでバナーを貼っていたことに反省し、クローン病の啓蒙の為に使っていこうと思いますので、宜しければクリックの方お願いいたします↓↓
にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ

【送料無料】やさしいクローン病の自己管理

【送料無料】やさしいクローン病の自己管理
価格:998円(税込、送料別)

クローン病ってこんな病気
潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事
クロ-ン病患者が本当にききたいこと
----------------------------------------------------------------------–
(2月23日の食事と体重)
【  朝の食事   】おにぎり2個 = 400kcal(脂質5g)
【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal(脂質5g)
【   間食    】なし
【  夜の食事   】ご飯,おでん = 800kcal(脂質20g)
【 総摂取カロリー 】1500kcal(脂質30g)
【 体重(朝計測時)】52.4kg
【 体重(夜計測時)】53.1kg
【   腹痛    】なし
【  肛門痛    】なし
【  便の回数   】夜普通便
【   出血    】なし
【   体温    】午前:36.3度 午後:測定無し
----------------------------------------------------------------------–

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ajari より:

    どうも時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病,潰瘍性大腸炎)のajariです。紹介ありがとうございます。ひょんなことから記事を書くハメになりました。いつか病院でばったり会うかも知れませんね。その時は声をかけてくださいませ。(^^

  2. クローン病web職人 より:

    >ajariさん
    勝手ながら紹介させて頂きました☆
    どうやらajariさんはクリニックでは有名だと聞きました(笑)
    いつか会ったときは宜しくお願いいたします!

コメントを残す

*

10 + 5 =