クローン病とパニック障害でデパス飲んでます。ぐっすり寝たい時もオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さん薬って何飲んでますか?

人によって処方されている薬って様々だと思いますが、クローン病の患者同士で薬の話をすると多分「あー、知っている」とか「あー、飲んでるw」とか共通するもの結構出てくると思うんですよね(笑)

  • ビオフェルミン
  • ミヤBM
  • フェロ・グラデュメット錠
  • 大建中湯
  • ロキソニン
  • ブスコパン
  • ロペミン
  • イムラン

などなど…。

すぐに思いつくだけでもこれだけあります(笑)
私も色々飲んできていますが、現在最も活用しているのが「デパス」です。

私の持病

私は2010年にクローン病と診断されてから今までクローン病と付き合ってきましたが、実はもう一つ持病を持っています。

それは「パニック障害」という精神的な病です。

どこかで聞いたことがある人もいると思いますが、この病気って結構いろんな人が経験しています。
私の会社でも「実は私パニック障害ももってまして…」というと「あ、俺もなった事ある!」という人がいました。
「パニック障害」と言っても症状は様々で、症状としては

  • 息苦しさ
  • めまい
  • 吐き気
  • 過呼吸

といった症状があり、この症状が起きる条件も人によって変わります。
私の場合はエレベーターや満員電車など人混み+密閉空間がダメで、その状態になると気持ち悪くなってしまいます。
今でもその症状は続いており、朝の満員電車に乗るために朝食を食べる事ができません。
胃に物が入っていると「吐いてしまうんじゃないか」という予期不安に襲われ、パニック発作が出てしまうからです。

デパスはパニック障害用の治療薬ではありませんが、緊張をほぐす効果があるため「お守り」のような感覚で使用しています。

↓私の常備薬「デパス」ちゃん(笑)

ぐっすり寝れない

あと、私は双子を含めて4人の子供がいるんですが、一番上の子供が生まれた時から夜中に何度も起こされた事がきっかけで、夜中に何度も勝手に目が覚めてしまうようになりました。

そんな時に「デパス飲んだらぐっすり寝れるかも」と思い飲んで見たら効果てき面!!
一度も起きる事なく目覚める事ができたのです。

この使い方大丈夫なのかな?と思って担当医に聞いてみたところ、睡眠導入剤として使用することもあるとのことだったので、今でも使い続けています。

薬は必要な時に必要な分だけ使う

私は上記の理由から「デパス」を日常で使用しています。

使用する頻度としては1日0.5mgを寝る前に1錠。緊張する場がある時(重要な会議など)はその時に頓服として1錠飲みます。

依存が心配だったので、担当医に飲む量について質問したことがあるのですが、1日に0.5mg〜1mgくらいならほとんど問題ないとの事でした。

薬にいいイメージがない方もいらっしゃいますが、体の不調を我慢するより薬に頼って症状を和らげる事で、他の事に集中できるというメリットがあります。

もし私と似たような状態の人がいれば一度担当医に相談して、抗不安薬を出してもらってみてはいかがでしょうか☆

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

eight + 14 =