34歳の俺が気付いた入院中にやっておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


クローン病患者は1度は必ず入院するときがくるはず。

それは検査のためか、治療のためか、はたまた手術の時か…。こればっかりは解らない。

しかし、今まで入院を繰り返してきた経験を振り返って、こうしておけばよかった!!!と思うことが幾つかあります。そう、まさに後悔です。そんな後悔たっぷりの私が、入院時にこうしておけばよかったなー!と思うことを書こうと思います。

この記事は、クローン病が原因で入院を余儀なくされた人にお届けする内容です。ただし、内容には私の偏見がたっぷり詰まっているので参考にはならないと思うのでご了承願います(笑)

入院中にやるべきことを書く前に、やってはいけない事も書いておく

入院中は暇です。とにかく時間が有り余っています。

私は過去に5回の入院を経験しています。1回目は痔瘻の手術をした時。2回目は鼻チューの訓練と検査を行った時。3回目は初めてのイレウスで救急搬送された時。4回目は急性虫垂炎になって緊急手術をした時。そして5回目は謎のイレウスで初イレウスチューブを突っ込まれた時です。

それぞれ4日〜7日ほどの入院期間だったと思います。クローン病の他の患者さんの話を聞くと1ヶ月とか3ヶ月くらい入院していたとの話を聞いた事がありますが、私は長くて1週間ほどの入院期間しか経験しておりません。

これだけの短い入院期間ですが、それでも暇だと感じるんです。で、暇なのでやる事というと大抵今の時代は「スマホ」や「タブレット」をいじる事がほとんどではないでしょうか。別にスマホやタブレットをいじる事がやってはいけないというのでは無く、私が経験して止めときゃよかったなと思うのがスマホやタブレットで「ゲームしか」しないという事です。

私はどちらかというとゲーマーです(笑)FF系のゲームは最高だと思っています(笑)そんな私が34歳という歳になって思うのが「ゲームは息抜き程度にやるのが丁度いいな」ということです。

冒頭にも言いましたが、入院中は時間がありますのでゲームをしだすと際限なくやり続けてしまい、非常に時間を浪費してしまいます。なぜゲームがいけないか。それはゲームからは現実社会で生かせるのものが何も生み出せないからです。ゲームのレベルが上がっても、レアキャラを手に入れても、あなたの生活が豊かになる事は無いし、社会では役に立ちません。やればやるほど時間の無駄だということに気がつきました。

よって入院中のゲームはやってはいけないというより、息抜き程度に時間を決めてやりましょう!
ちなみに現在私は「セブンナイツ」と「メビウスFF」というスマホのゲームにハマってております!(`・ω・´)ゝ キリッ

入院中やるべき事、その1は読書

最もオススメなのが読書です。ただし漫画はNGです。理由はゲームと同じです。

本のジャンルは小説でもビジネス書でも技術書でもいいと思います。読書でインプットした内容を実生活でアウトプットできるような読書ができればグッドではないでしょうか。

最近私はKindleで読書をしています。AmazonのKindleストアで電子書籍を購入し、iPhone6Sに入れたキンドルのアプリで読むという流れです。

ちなみに今読んでいるのはこちら。

 

数万ページあるので、今年1年間は本に困らないと思います(笑)本業がWeb関連なのでその辺の知識をもっと蓄えたいなと思って購入しました。
ちなみに漫画もこんなときじゃないとゆっくり読めませんよね(笑)
漫画全巻セット一括購入

入院中やるべき事、その2はブログ

次にオススメするのはブログを書くことです。まぁブログじゃなくても日記でもいいかもしれません。要は自分の体調を記録しておくということです。

私はブログを書くことで自分用の記録としても残せるし、他のクローン病の人たちの参考になるかもしれないと思って書いています。今でもたまに自分のブログを見返して「この時はどんなふうに過ごしてたのかな?」と確認することがあります(笑)

クローン病は個人によって症状が違います。入院中に自分の体調を記録することで、新たな発見ができるかもしれません。
あと、ブログの利点は他のクローン病患者と接点が増えるってことですかね。そういう意味ではTwitterとかでクローン病患者と繋がって近況をつぶやくのもありかもしれませんね。

文章を書くことで頭のトレーニングにもなるので、体調の記録が取れるのを合わせてブログは一石二鳥ですのでオススメですよ!

今はブログを作るのもTwitterするのも敷居が低いので誰でも簡単にできますしね。

サーバーを借りるならここがオススメです↓
ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

入院中やるべき事、その3は本業以外の副業

これはオススメというわけではありませんが、入院中は収入がストップしますよね。ですので、本業以外にも収入源を作っておいた方が色々と安心できるのではないかなと思うわけです。

ネットが得意な方はパソコンがあれば、アフィリエイトや広告などで収入が得られるようにしておけば入院中でも仕事(副業)ができます。
例えば株式会社ココナラというサイトでは自分の得意なジャンルで仕事ができます!

ネットが得意でなくても何か作ることが得意なのであれば、例えばアクセサリーや人形、編み物など入院中に作っておいて、フリマやオークションなどで販売するという方法でもいいのではないでしょうか。

入院中は仕事を休むことになるので、収入面がどうしても心配になります。ですので、入院中の時こそ何か出来ないか思案を巡らせることが大事だと思うんですよ。

私はクローン病持ちなんで、いつか仕事を辞めなければならない時がくるんではないかと、収入に対してはいつも不安でいっぱいな訳です。ですので、私も現在色々と挑戦中でありまして、リアルな仕事から、Web広告、アフィリエイトなど模索しております。

ということで、入院中にやっておくべきことを書き出してみました!
その他にも人によってやるべきことは変わってくると思いますが、こんな考え方もあるんだと参考にしてもらえれば幸いです(笑)

入院はしないにこしたことはありませんが、万が一入院した場合はこの記事を思い出してくださいね(笑)

ではまた!!!

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. はま より:

    最近1ヶ月近く入院していた私としては、入院日が決まってれば、入院前に少しでも腕の筋肉をつけるべきだと実感しました。
    筋肉が衰えて腕がガリガリになると、同時に血管も細く硬く弱くなり点滴針を刺すのが難しくなり何度も失敗されます。刺した後も、血管が炎症起こして薬液が漏れて腫れたりして、頻繁に刺し直しが必要になり本当に何度も何度も刺されました。
    筋肉をつけ腕を太くすると、血管も太く弾力のあるものになるそうなので、日頃から意識して鍛えたいと思いました。
    ちなみに私も今年34歳になりますが、入院中はポータブルDVDプレーヤーで映画三昧でした(笑)

    1. kengorou kengorou より:

      はまさん

      コメントありがとうございます☆
      入院前に筋トレが必要ってことですね!!確かに点滴の刺し直しは苦痛ですもんね(汗)
      ポータブルDVDいいですねー☆
      私も今度入院したらmarvelシリーズ全部見たいっす!!!

コメントを残す

*

14 − five =