ヒュミラの効き目について感じる事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


どうもこんにちは。

久しぶりの更新になってしまいましたがなんとか元気に過ごしているです。

今回は表題の通りヒュミラを使用して過ごしてみた感じを書いておこうと思います。

現在私は2回目のヒュミラを投与したばかりです。

効き具合(保ち具合はどうか)

ヒュミラは2週間ごとに投与するのですが、初回は4本を注射し、2回目は2本。で、3回目以降は2週間ごとに1本打っていくというスケジュールです。で私の状態は2回目の2本を打った状態です。

まず、初回4本を打ってからの2週間ですが、体調的にはあまり聞いている感じはしませんでした。
常にけだるい感じがしますし、食欲もそこまで回復したという実感はありませんでした。

しかし、一つだけ決定的に違ったのは

肛門痛が無くなった

ということです。
これは私にとって一番重要なことで、肛門痛があるか無いかで1日のコンディションが違ってきますのでこの効果を実感できた事は良かったと思います。

まぁ投与してすぐなので効いてくれて当たり前なんだけど、問題はこの効果がいつまで保つのかって事です。
レミケードの場合は倍量投与して3週間〜4週間で効果が切れていましたので、同じような感じで効かなくなったとすると、1週間過ぎたあたりで効果が無くなる事になります。「(効果が)切れたらどうしよう。」とドキドキしながら1週間を迎えましたがなんとかそれはなんとか大丈夫でした(笑)

あ、これは大丈夫かも!!!!

と思い過ごしていましたが、2週間経つ前日(つまりヒュミラをしてから13日目)に肛門痛が復活してしまいました。∑(゚□゚;)ガーン
あー、ダメかな…。と凹みかけましたが、肛門痛がそこまでひどいものではなかったのが不幸中の幸いでした。
で、ヒュミラ2回目を自己注射した翌日からまた肛門痛は綺麗さっぱり消失してくれましたという具合です。

つまり現状、ヒュミラはギリギリ保つ!

というのが私の中での実感となっています。
ただ初回は4本打っているので、2本ではどれくらい効くのかまだ不明です。

これはまた改めてレポートしようと思います。

しかし、ヒュミラも効かなくなったらこの先どうなるんだろうか…。
不安と戦いながら今日も1日頑張って働いてきます(汗)

 
あ、とりあえずクローン病の人って腸内環境が乱れているってよく聞くので、ビオフェルミン飲んでます。
下痢はヒュミラで抑えられているから大丈夫なのですが、オナラの臭いがキツイんですよね。
でもビオフェルミン飲み始めてから、オナラの臭いがなくなりました。これはラッキーです(笑)
オナラがくっさい人は一度飲んでみる価値ありだと思います。

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

seven + 15 =