クローン病でも仕事を長く続ける為に出来る5つの工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


またまた更新が空いてしまいました(汗)なるべく更新しようと思うのですが、仕事もプライベートもイベント盛りだくさんで通勤時間にちょっとづつ書き溜めて行っている状態です。

で、タイトルに書いたようにクローン病と仕事についてちょっと書いてみたいと思います。
病気を抱えているとどうしてもぶち当たる問題として「仕事」があります。

私のブログには色んなキーワードで引っかかって来られているのですが、その中でも「仕事」に関するキーワードで来られる方が多いようで、ブログの記事の中で一番読まれているのも以下の記事となっています。

この記事の内容としては「私が体験してきた職種の中でクローン病を抱えながら働くにはどれが一番マシか」という事を中心に書いてみたのですが、今回は現在仕事をしているという状況で、長く仕事を続けていくにはどうすればいいのかという事について、今の自分の考えを書いてみようと思います。

徹底した体調管理

まず我々クローン病患者が仕事を続けるための絶対条件として

寛解状態(もしくは寛解に近い状態)である事

これは必須条件でしょう。
クローン病が悪化していればどんな仕事でも休まなくてはいけなくなってしまいますからね(汗)

ですので、私たちは常に世の中の誘惑(お肉・アルコール・甘いものなど)に負けないようにしつつ日々の生活を送らなければいけません。
普通の人にはわからない苦労をしながらも、クローン病を抱える私たちは体調管理に人一倍気をつける事が仕事を続けていく為に必要だと感じております。

で、この絶対条件を維持する為に必要なことを挙げていきます。

十分な睡眠をとる

体調管理を行う上で睡眠は非常に大事です。

仕事上、どうしても睡眠時間が確保できない…という方もおられると思いますが、そういった仕事をずっと続けていくのはクローン病患者にとっては結構大変だと思います。
中には大丈夫な人もいるとは思いますが、体の疲れやストレスを軽減する為にもやはり睡眠はしっかりととる事が大事だと思います。

難病情報センターのサイトでも

普段の生活でどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか
睡眠不足や過労に気をつけて、リズムある規則正しい生活が重要です。病気の状態が落ち着いている時は、基本的に運動や生活に特別な制限はありませんが、翌日に疲労を残さないようにしましょう。

出典:http://www.nanbyou.or.jp/entry/442

と睡眠不足に注意するよう記載されています。

暴飲暴食をしない

先ほどもちらっと触れましたが、私たちが生活する中で食べ物の誘惑ってめちゃめちゃ多いです。
ただでさえ私たちクローン病患者は普段から脂質を取らないように工夫している為、ついつい「ちょっとくらいなら」と油断してしまい、結果腹痛や下痢になってしまうというパターンになりがちです(笑)

体調を維持する為にはやはり食事に気をつける事も必要です。

余談ですが、私の主治医は「なんでも食べていいよー」と普通に言います(笑)
この言葉は聞く人にとって解釈の仕方が変わってくると思うんですよね。
例えば私なら「(適度な脂質であれば)なんでも食べていいよー」ととりますし、違う人なら文字通り(脂質が高かろうが)何でも食べていいんだ!と受け取ってしまうと思います。医者がこう言ったから大丈夫!と安易に決めつけてしまうのは危険ですので、どういう事かな?と思った時は言葉の真意を確かめるようにしましょう。

治療をきちんと受ける

クローン病と診断がついているという事はどこかの病院にかかっていると思いますので、ちゃんと通院して自分の体の状態を定期的に検査しましょう。

こうする事で自分では気付かない変化を血液検査などで知る事ができますので、悪化する前に手を打つ事ができます。

あと個人的に大事だと思うのが、クローン病を専門に見てもらえる病院が望ましいと思います。
クローン病は今ではメジャーとなってきましたが、町医者の内科医レベルではわからない事が多い病気です。

現に腹痛、下痢が原因で地元の小さな病院に行っても「急性胃腸炎」と診断されて整腸剤もらってきて終了。というパターンも普通にあります。
またクローン病などの難病は日々研究されていますので、専門医でないと最新の情報をゲットできないのです。

今どういう治療がベストなのか。どんな事実が分かっているのか。など知る事ができれば自分の治療に活かせるチャンスになるかもしれませんしね。
ちなみに私はIBDの専門病院に通院していた為、通常の人より早く改良版ヒュミラを試す事ができました(笑)

ストレスはあるものだと諦めて発散方法(解決策)を作る

最後はストレスについて。

仕事とストレスってどうあがいても切り離せないと思うんですよね。
ストレスがたまるとクローン病も悪化しちゃうし、仕事もやりたくなくなっちゃうし、もう仕事を続ける為の最大の難関ってストレスとどう付き合うかって事に尽きるんじゃないかと思うくらいです。

で、どんな仕事であろうがストレスって絶対発生するんですよ。
なので、もうこれは諦める。ストレスはあって当たり前。

大事なのはこのストレスを溜め込まないでどう解消するか。またどう解決するかってことです。
まずストレスの原因となっているものは何か?を考えてからそれに合った解消法(解決法)を考える事が重要じゃないでしょうか。

ストレス解消法で一般的に言われているような「カラオケで歌いまくる」「バッティングセンターにいく」「お酒を飲む」とかでもいいんですが、これは一時のストレス解消にしかなりません。
例えば人間関係が原因でストレスが溜まっているのであれば、上記のようなプチ発散をしつつ、ストレスの元となっている人間関係を「良くする」事が本当の意味でのストレスをなくすことにつながっていくと思います。

まとめ

だらだらと書きましたが、「きちんと治療を受ける」という以外は、規則正しい生活をしてストレスを溜めずに体調管理をするという、一般の人にも当てはまる普通のことをやることが大事じゃないかなと思います。

仕事は始めるのも大変ですが、続けるのも大変です。
今の仕事を少しでも長く勤めれるよう頑張りたいと思います。

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

13 + fifteen =