クローン病の私が数年ぶりにインフルエンザA型に罹患した話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


こんにちわ。

この間、数年ぶりにインフルエンザに罹りました。

しかも

家族全員。

色んな意味で死にかけた1週間でした。

この苦しさを記録に残しておこうと思います。

5歳の息子がインフルエンザになる

まず事の発端は息子がどこかでインフルエンザをもらってきたことから悪夢は始まりました。
まだこの時は「あー、インフルにかかっちゃったかー。かわいそうに。」と完全にこの子だけで終わると思っていました。

というのも今年の我が家のインフル対策はバッチリで、全員が予防接種を受けていたからどこかで「他には移らないだろう」と決めつけていたんですね。
しかし、その後双子が発熱。あらー?なんか広まってね??と思っていたらその2日後くらいに、職場で私の身に異変が…。

ゲホッ!ゲホッ!

咳が出てきたと思ったら急激な寒気が。おいおい。え?インフル?俺インンフル?って戸惑っているうちに発熱。
あっというまに38度越え。病院で診察してもらうとインフル確定。

マジかよー!

息子→双子→俺と順番に罹り、嫁と娘は大丈夫かな?と思っていたらその晩に娘も発熱(泣)
嫁さんを残して全員死んでいました(笑)

で、ようやく治りかけてきたかなー?って時に最後の砦であった嫁がダウン。

病院へ行くと案の定インフル(汗)

これでめでたく家族全員インフルにかかってしまいましたとさ。

インフルしんどい

しかし、久しぶりにインフルにかかりましたがしんどいですねー(汗)完全に復活するまで6日くらいかかりました。
関節痛がとにかく酷かったです。

あと、嫁さんが倒れると家の機能が完全に麻痺しますので、大変さが数倍になります。
まさか家族全員がインフルになるなんて想定していなかったので、このピンチを切り抜けるのは大変でした。

最終兵器である実家のオカンも何度か召喚し、助けていただきました。
オカンありがとう。

会社も数日休まないといけないし、体は超しんどいし、もうインフルこりごりです。

予防接種意味あんの?

冒頭でも述べたように今季私の家族は全員予防接種を受けました。

大人1回×2人分 3500×2=7000
子供1回×2人分 3500×2=7000
双子1回目×2人分 2500×2=5000
双子2回目×2人分 2000×2=4000

合計 23,000円

これだけお金をかけたにもかかわらず全員かかるってマジ泣きそうです。意味あんのかい!って思いますよね。

でも予防接種していることでインフルにかかったとしても重症化しにくいというメリットがあります。
今回、家族全員がインフルに罹りましたが、全員がすぐに回復したので、その点では予防接種しておいてよかったなと思うのですが、できることならやはり罹らないで欲しかったですね(汗)

インフル後クローン病がフワッと悪化

インフルが治りかけてきたと思ったら次はクローン病がフワッと再燃してきました。

そう、ヒュミラ以降影を潜めていた肛門様がお怒りになられたのです。

トイレから出てきてから数時間、肛門痛と格闘する羽目に…(泣)
これがある意味一番こたえます。
やはり、インフルで体が弱っていたのでついでにクローン病も暴れ出したのでしょうか??

この肛門痛はヒュミラを注射して2日後に消えてくれたので、なんとかしのぐことができています。

クローン病の患者さんでレミケードやヒュミラを使用している方は病院からインンフルの予防接種を推奨されると思います。
免疫を落としているので、重症化しやすいからですね。

まだまだインフルの時期が続きますので、まだ予防接種していない方は打っておくことをお勧めします。
マジでインフルしんどいですよー!

ではまた!

 

大幸薬品 クレベリンゲル 150g(業務用)|空気除菌 風邪予防 インフルエンザ対策 ノロウイルス 対策 健康 抗菌 除菌消臭 消毒 殺菌
by カエレバ

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

5 × five =