小腸造影が辛いのは何故か。自分の体験をレポート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ツイッターで小腸造影をしたと報告したところ、

「今度、小腸造影の予定なんですがどんな感じなんでしょうか?」

と質問がありましたので、私が体験した小腸造影検査について簡単にレポートしたいと思います。

小腸造影は鎮静剤を使用しない

まず小腸造影が辛いと言われている原因の一つが「鎮静剤を使用しない」ということがあげられると思います。

大腸検査や胃カメラなどは鎮静剤を使って知らぬ前に検査することができますが、小腸造影はこれを使用せずに行うので意識バッチリなんで辛いんですよね。

ひょっとしたら病院によっては鎮静剤を使用するところもあると思いますが、「小腸造影が辛い!」と言われる方はだいたい鎮静剤なしの場合が多いです。

喉元をチューブが通過する時にえずく

次に辛い理由が「えずく」からだと思います。

鉛筆くらいの太さのチューブを鼻から入れていくのですが、まず鼻が痛い。

これは人によりますが鼻が敏感な人はこのチューブを入れる時点でハードル高めです。

私は幸いこの点はクリアなのですが、問題は喉元をうまく通過できるかどうかです。

だいたいチューブの挿入は看護師さんがやってくれるのですが、この看護師さんの技量によってうまく入ったり入らなかったりします。

下手な人に当たると、永遠に喉元を行ったり来たりするので死ぬほどえづきます(泣)

ちなみに私は1回目の看護師さんが下手すぎて、自分で挿入した経験があります(笑)

ここを上手く通過できればあとはそれほど苦痛ではないと思います。

十二指腸に到達するまで我慢

無事に喉元を通過できたらあとは胃から十二指腸にチューブが入ればひと段落です。

しかし、これもまた挿入してくれる看護師が上手い人なら問題ないのですが、下手くそな人だとなかなか入ってくれません。

上手く十二指腸に入らない場合、チューブを抜いて入れての繰り返しで、鼻が超痛いです。

チューブにはワイヤーが入っており、硬いので鼻の奥に当たって余計痛いんですよね。

十二指腸から空腸に入ればゴール

無事空腸にチューブが入れば、それ以上動かすことがないので苦痛はだいぶマシになります。

ただし、鉛筆くらいの太さのチューブが鼻から入りっぱなしなので、耐性のない人は終始苦しいかもしれません。

造影の様子を自分で観れる

鎮静剤を使用していないので、モニターに映る自分の小腸をガン見することができます(笑)

これは結構すごくて自分の小腸ってこんな感じなんだー!と感動すると思います。

ただし、鼻にチューブを入れることに耐性のない人はモニターを見る余裕があるか不明です。頑張りましょう。

チューブからバリュームを流し込み、その後エアーを送り込んで撮影をしていきます。

体制を色々と変えながら撮影を行い、大腸までバリュームが到達すれば終了です。

大体ここまでスムーズにいって30分〜40分くらいでしょうか。

スムーズにいかない場合は私が調べた限り2時間くらいかかった人がいるようです。

まとめ

小腸造影は辛いと言われますが、スムーズにいけばたいしたことない検査です。
特に鼻チューでエレンタールを摂取できる人にとっては楽な検査だと思います。

初めて検査を受ける人にあえてアドバイスするとすれば「あれこれ考えず、なすがままにしているのが一番いい」と思います。

リラックスしていれば案外大丈夫だったりしますからね。

ちなみに私は大腸検査が一番嫌いで、その理由は

  • 下剤が面倒くさい
  • 鎮静剤してても痛くて意識がはっきりしている
  • とにかく痛い

からです。

今回の検査では胃と大腸にはほとんど炎症はなかったので、次回からは小腸造影だけにしてもらおうと思います。

検査は面倒くさいですが、自分の体の状態を知る良いきっかけですのでぜひ年に1回はやっておきましょう!

ではまた!

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. はま より:

    造影剤が辛くないですか?
    一度バリウムでやって、狭窄部分があったためきれいに排泄されず、次回から違う種類の液体の造影剤でやってますが、この造影剤は下剤作用があり検査中からお腹ゴロゴロして必死に便意に耐えるのが辛い。
    さらに検査室微妙に冷えるし、お腹押されるし、終わりが見えないし、人前で便意に負けたら、一人の大人としての尊厳が崩壊すると思いながら耐えてます。

    1. kengorou kengorou より:

      はまさん

      コメントありがとうございます!
      造影剤ですが「ガストログラフィン」を使用した場合は、おっしゃるようにトイレがやばいですね(汗)
      私の場合はバリウムで検査したので、便意は大丈夫でしたが前回ガストログラフィンで検査した時は、十数回トイレに駆け込み死ぬほど辛かったです。
      確かに人前で便意に負けたら色んな尊厳が失われてしまいますね(笑)
      もし、次ガストロで検査する時は大人用オムツを着用しようと思います!!

コメントを残す

*

three × one =