入院しました。RSウィルスに注意!赤ちゃんがいる家庭は特に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


RSウィルスに注意しましょう!赤ちゃんがいる家庭は特に!!
ちわ!
結婚指輪がどこかにいってしまった事を嫁さんに内緒にしているkengorouです。
12月も半ばですね!!
寒い時期ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
うちは今週、クソほど大変な毎日を過ごしました。
そう。RSウィルスのせいでね。

RSウィルス

RSウィルスって皆さん知ってましたか?
私はまったく知らなかったんですが、ググってみたら以下のように書かれていました。

RSウイルス感染症は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。
RSウイルスは日本を含め世界中に分布しています。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。
症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。しかしながら、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。
そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

で、このRSウイルスにうちの双子がダブルで感染しまして、しばらく様子見てたんですがいっこうに良くならず…。
そしていよいよミルクも飲めない状態になったので、病院へいったら
もっと早く来ないとダメでしょ!!
って怒られました。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
で、総合病をに紹介されて受診したら、細気管支炎になっててその日に
即入院!
になってしまいました(泣)
さらに入院は24時間親がつきっきりになるため仕事を休まざるをえず、実家から義母さんを召還。
上の子供たちを私の実家へ預けたりと本当にてんやわんやしておりました。
幸い、双子ちゃんは回復に向かっており早くて日曜日には退院できそうです。
上の子の時には無かった事だったので、どうして良いか分からず慌ててしまいました。
自分の入院ならなんとでもなりますが、赤ちゃん(しかも双子)の入院となると本当に大変でございます(汗)
小さいお子さんがいる家庭ではくれぐれも気をつけてください。
ではまた☆

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

14 − six =