クローン病の症状悪化から回復させるのにかかった期間は2週間以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


カレンダー

ゴールデンウィークも終盤となりました。

皆さん楽しんでいますでしょうか。私はカレンダー通りの休日なので3連休、3連休、2連休と飛び飛びの休日を過ごしています。

さて、この間まで肛門潰瘍による傷で肛門痛に苦しんでいた訳ですが、ようやく回復の兆しが見えてきました。クローン病の症状悪化から現状の状態まで戻すのに2週間以上かかりました(汗)

基本は食事制限で回復させる

クローン病の症状を最も沈めるのに有効なのは「絶食」なんだろうなと今回改めて感じました。ただ絶食するだけでは炎症で傷ついた臓器を治すのにエネルギー不足になるし、最低限の生活や仕事をしたりするためにもエネルギーが足りなくなります。この時に役立つのがエレンタールですね。

エレンタールはほとんど消化を必要としないので、腸を休ませるとともに効率的に栄養が補給できます。毎回、調子が悪くなるたびに「エレンタールがあって良かったなー」と感じます。エレンタールが無ければおそらく回復するまでにもっと時間がかかっていたと思います。

エレンタールの唯一の問題は「味」。

これさえクリアになれば、エレンタールで治療する人もっと増えると思います(笑)

この2週間でやってきた事

この2週間やってきた事をメモっておきます。

  1. エレンタール毎日3パック以上
  2. 油物は食べない。かわりに質素な食べ物を食す。(ご飯・みそ汁・豆腐など)そして時には絶食。
  3. アルコールは飲まない
  4. 睡眠不足にならないようにする
  5. (肛門潰瘍がある場合)協力ポステリザン軟膏を朝晩2回注入!

これを実践する事で入院という事態を回避し、通常の生活レベルに戻す事が出来ました。

今思えば、暴飲暴食した事が原因で体調が悪くなったので、完全に自業自得なのですが食事を節制するのって結構大変です(汗)クローン病の先輩方はこういう痛い目に何度もあってきたので食事のコントロールが出来るようになったんでしょうか??暴飲暴食しないコツがあれば知りたいものです(汗)

ゴールデンウィーク中、嫁の実家へ帰省していたんですが、その時にクローン病の節制時に最高のご飯のお供をお義母さんが出してくれました。それは「めしどろぼ漬」という漬け物です。これが超美味しくて、これだけで元気なときならご飯3杯はイケル!という代物です(笑)明太子があればご飯2杯は食べれる私が唸ったこの漬け物のポテンシャルは半端ないです(笑)体調が悪い時に明太子は食べれませんが、この「めしどろぼ漬」は食べれます!!!白い飯が好き!!という方は試してみてはいかがでしょうか★ちなみに私の娘もこれが気に入ったようでご飯3杯食べてました(笑)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

18 + twenty =