発熱したのでPCRとインフルの検査を受けてきた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どうもkengorouです。
コロナがいまだ猛威を振るっていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
毎日数百人単位で感染者が出ていますが、私は常々

「なぜコロナに感染するんだろう?」
「ちゃんとマスクして3密避けて、手指消毒をして行動してても感染するんだろうか?」

と疑問に思っていました。だから感染するのは

「ルールを守れないような人(ウェーイの人)が中心では無いのか?」

と正直思っていたんですね。しかーし!そういう風に考えている私もつい3日前に発熱してしまったのです(泣)

急激に悪寒が走ったと思ったらそこから38.5度の高熱が出て寝込んでしまいました。一瞬「コロナか?」と頭によぎりましたがもちろん感染するような心あたりは一切ありません。リモートワークでそもそも外にほとんど出かけてませんし、大人数の会食のようなバカなマネは絶対しませんしね(汗)

とにかく万が一コロナだったとして、家族にうつしてしまってはいけないと思い、部屋を一室締め切って自主隔離することとしました。

検査は簡単にできない

1日目はとりあえず家で様子を見ていましたが、全く熱が下がる様子はありません。加えて頭痛と腰から下の関節痛が酷く「この症状はインフルかもしれないな」と思いながら布団にくるまって耐えていました。

とにかくインフルであれば抗インフル薬を飲めば少しは回復の日数を早められると思い、病院へ電話して検査が受けれるのかどうか問い合わせて見ました。

すると近所の診療所は全て「発熱の患者はお断り」状態で、見てもらうことができないとの事。やっぱり今はどこも見てくれないんだなーと思いながらも診療所からは「保健所に電話をして発熱を見てくれる病院を紹介してもらってください」との事だったので保健所に電話をしました。

保健所の担当者に「コロナじゃなくてインフルの検査を受けれる病院を探しているんですが…」という旨を伝えると「今はインフルのような症状であってもコロナだったという事もあるので、インフルだけを診るところは無い」との事。近くの診療所は軒並み診察を断られた事を説明すると、検査できる病院を紹介しますと言われ少し離れた大きな病院を紹介されました。

そこで防護服に身を包んだ医師と看護師さんにインフルとコロナのPCR検査をして頂きました。発熱外来はめっちゃ混んでるのかと思いきや、患者は私だけでした。ちゃんと発熱した人は色んなところに割り振られて検査してるんだなと感じました。ちなみにインフルは綿棒を鼻に突っ込むタイプでめっちゃ痛かったです(泣)PCR検査は唾液を採取するタイプでした。

私は絶対インフルだと思っていたのですが、インフルの結果はなんと「陰性」!

マジか!!!
って事はコロナの可能性出てきたじゃん!!

と若干焦りました。コロナの結果は1日かかるとの事で結果は次の日に連絡があるとの事でした。病院からの帰り道

「これでコロナだったら、マジで感染対策に気をつけてても感染することがあるんだな」

と考えていました。

PCRの結果

次の日のお昼すぎに病院から電話がかかってきました。この時点で熱は微熱に下がっていたのですが、4割くらい「コロナかもしれない」と覚悟していました。

看護師「もしもし〇〇病院の者です。kengorouさんのお電話で間違いございませんでしょうか?」

私「はい、そうです…!」

看護師「PCRの結果が出ましたのでお伝えします。結果は…」

私「…はい…。」

看護師「…」

私「(この間は何…?)」

看護師「…えー、陰性との事です。ですのでしばらく様子をみて頂きますようお願いします」

私「良かったーあぁー!ありがとうございました!」

と無事、コロナでもインフルでも無いことが証明されました。偽陰性のことなどを疑うとキリがないのでここは素直に結果を信じたいと思いますが、正直ここ数日間はストレスが半端じゃなかったです。

この時期に普通の風邪ならまだしも、インフルなどで高熱を出した時は診察をしてもらうのも検査をしてもらうのも大変だなと思いました。

コロナ対策をしていても別の感染症で熱が出ることがあるので、皆さんもそういう時はどう行動すればいいのか、あらかじめシミュレーションしておいたほうがその時になって慌てずに済むと思います。

久しぶりの高熱はやっぱり辛かったです。コロナだったらもっと辛かったんだろうか…?早く収束してほしいなぁ。


 

 

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*