8月3日 入院37日目 HCUが辛過ぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無事手術が終わりHCUに運び込まれました。

術後は合併症などが出やすいので何かあった時に対応できるよう、HCUでしばらく様子を見るようです。

このHCUでいる時が本当にしんどい…。

まず「寝れない」というのが一つしんどい理由。というのも身体中に色んな管が入っているし、足元には血栓予防のマッサージ機がついててめっちゃうるさい。

そしてちょっとでも体制を動かしたりするとアラーム音がなって寝れない&身動き取れないので目茶目茶ストレスです。

さらに色んなところでナースコールの音が鳴り響いているので、うるさくて寝れる環境じゃないです。寝るのは諦めてスマホでも触って時間を潰そうにも体がしんどくて画面を見続けることができません(汗)

こうなるともうジッと夜が開けるのを待つ以外にないのです。

何もせずに時間が過ぎるのを待つのも大変辛いものがあります。術後一つ目の山がHCUでの一晩だと私は思っております。

明け方盛大に吐く

本当に苦痛でしたが、窓の外がうっすらと明るくなっていきようやく夜が開けました。そして一般病棟に移るために体を起こして身支度を整えるのですが、術後ずっと寝ていて体を動かしたからでしょうか、猛烈な吐き気が襲ってきました。

もちろんズーーーっと絶食しているので吐くものなどないのですが、それでも胃の奥から強烈な吐き気が襲ってくるので、思わずナースコールをして嘔吐用の袋を持ってきてもらい盛大にリバースしました(泣)

胃液が出てきてものすごく喉が痛かったのを覚えています。

さらに何度が吐き気と格闘していると看護師さんが「吐き気止めの注射を打ちましょう。少しは楽になると思います」というので打ってもらいましたが、あまり効果があったとは言えませんでした。

一般病棟に移動

吐き気がおさまったので一般病棟に移る事になりました。

個室から4人部屋にチェンジされていたので、ちょっと新鮮な感じでした。そして到着するなり看護師さんから「ではkengorouさん歩いてみましょうか」と歩行訓練のご提案がありました。

「わかりました。ゆっくり歩いてみます」

と言ったものの身体がめちゃくちゃしんどくて、立ち上げるのが精一杯。5、6歩あるいたら倒れそうだったので一旦ベットで休ませてもらいました(汗)

そこから何度かベットから起きてはちょっと歩いて休憩。さらにちょっと歩いては休憩。を繰り返し少しずつ身体を慣らしていきました。

点滴に加えて、ちんちんに管が入っているし、背中には硬膜外麻酔の管が入っているのでとても歩きにくかったです。

前回の手術後と変わったところ

私は今回で手術3日目になるのですが、2回目の手術後に麻酔の中に入っている医療用麻薬の成分が合わず、錯乱しかけた事があったので、今回はその成分(フェンタニル)を抜いてもらっていました。

そのおかげでパニック状態になることはなかったので良かったのですが、鎮静効果がないので身体の怠さや、傷の痛みはそこそこあるような状態でした。

術後目覚めてから一睡もしていないので、しんどさが限界だったためこの日は19時くらいに眠剤を飲んでさっさと就寝しました。もちろんグッスリとは寝れませんでしたが、それでも幾分体の調子はマシになりました。

術後3日目くらいを過ぎると身体が楽になることが経験上分かっているので、なんとか1日目を乗り切る事ができて一歩前進する事ができました。

最近、本を強制的に読もうと思ってKindle Unlimitedに加入して色んな本を読み漁っています。コンサル系の本は何度か読んだことがありましたが、改めて読んでみるとまた違った発見があって面白かったです。

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ヤン より:

    お疲れ様です。
    自分は2年前の手術しか経験していませんが、手術後に硬膜外麻酔がほとんど効かず痛みと熱で苦しめられました。一般的には術後2日目には楽になるそうなのですが、自分の場合には2日目に熱が上がって「さあ大変」。緊急CTとなりました。
    結果は、単純に治りが遅かったようでした。
    正直、二度とごめんです。

コメントを残す

*