潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオの効能・効果に「クローン病」を追加する??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クローン病の原因解明を切に願っているENJOY IBD管理人のkengorouです。

皆さんはGoogleアラートと言うサービスをご存知でしょうか?

これめちゃくちゃ便利で、自分の興味のあるワードを記憶させると、それに関連したニュースを毎日チェックして送ってくれるんです。

常に興味のある分野の最新情報がチェックできるので、知らなかった方は速攻で使ってみてください。

私はそれを使って「クローン病」と言うワードを登録しているのですが、今週月曜日の15日にクローン病関連のニュースが届いていたので紹介したいと思います。

エンタイビオがクローン病にも使えるようになる?

ニュースのソースはこちら。

薬食審 4月26日に第一部会 潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオなど3製品の追加承認が議題

こちらに

厚労省は、4月26日に新薬の承認について検討する薬食審・医薬品第一部会を開催する。
同日は、武田薬品の潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオ点滴静注用(一般名:ベドリズマブ(遺伝子組換え))の適応にクローン病を追加するなど3製品を議題に取り上げる。

エンタイビオ点滴静注用300mg(ベドリズマブ(遺伝子組換え)、武田薬品):効能・効果に「クローン病」を追加する新効能医薬品。

同剤はヒト化抗ヒトα4β7インテグリンモノクローナル抗体。炎症を起こしている腸管組織に炎症性細胞の一種であるTリンパ球の遊走を阻害することで、炎症を軽減するようデザインされている。18年7月には、「中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)」を効能・効果に承認された。すでに欧州や米国などではクローン病についても承認されている。

とあるように、潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオの効能・効果に「クローン病」を追加するかどうかを決める為の審議をすると言う事なのでしょうか??

これでエンタイビオの効能・効果に「クローン病」が追加されれば、

  1. レミケード
  2. ヒュミラ
  3. ステラーラ
  4. エンタイビオ

の4つから薬を選ぶことが可能になります。

治療の選択肢が増えるのは嬉しいことです。レミケードなどの抗体製薬は免疫ができると効かなくなっちゃうので、そのような時に代わりの薬があれば寛解を保ち続けることができますからね。

しかし、それよりも早よクローン病の原因わかって欲しいなぁ(泣)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. スバリスト より:

    レミケードはもう効かないし、ステラーラも半年使っても全く効かなくて、現在ヒュミラなので、新しい薬が出てくれるのは有り難いですね( ^ω^ )

    1. kengorou より:

      スバリストさん

      コメントありがとうございます!
      ステラーラも効かなかったんですね…。
      私もレミケードが効かないので、選択肢が増えるの嬉しいです!

コメントを残す

*