腹部のCT造影検査に行ってきた。造影剤は気持ち悪い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先週の土曜日に腹部CTを撮りにクリニックへ行ってきました。

CTはクローン病の検査では比較的楽に受けられる検査でありますが、造影剤を使うとなると私の場合、苦痛度が少し上がります。

造影剤を使ったCT検査を受けた事がある方は経験したことがあると思いますが、造影剤を腕のルートから入れる時に体が「カッ!」と熱くなる感覚が出るんです。

あれ気持ち悪くなりません??

何か体に良く無いものを入れたような感覚に襲わるので私苦手なんですよね(汗)

事前に副作用について結構厳重に説明されるから「副作用が出たらどうしよう…」って必要以上にナーバスになってしまうのも気持ち悪くなる一つの原因かもしれません。

CTの結果は

気持ち悪い造影剤ありのCTを撮り終え診察を待っていると、何故か会計に呼ばれました。

あれ?結果は?と質問すると、結果は通院しているインフュージョンクリニックで聞いてください。との事。

本当にCTだけ撮って終了でした。

時間にして30分ちょいくらいかな?造影剤無かったら超楽な検査なのになぁ。

さてこの結果を元に手術するかどうかを決めなくてはなりません。

結果が悪ければ手術する覚悟は出来ております。

次回の受診は2月10日です。

どうなる事やら。

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

8 + two =