お尻から大量出血したので肛門科へ駆け込んだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご無沙汰しております。

中々更新するタイミングが無くて、だいぶ間が空いてしまいました。

更新していなかった間もちょくちょく体調を崩してはいましたが、おおむね寛解を維持しながら過ごせておりました。

が、しかし…!つい最近お尻に異変が。

何気に排便後に便器を見ると、便器が真っ赤!!

「あー、これはおそらく疣痔か切れ痔だな」

と長年の経験で直感いたしました。そしてスットクしてあった「ボラザG軟膏」をぶち込んで様子を見ること1週間。

「な、治らねー(泣)」

ってことで肛門科へレッツゴー!してきました。

肛門科へ行く時はナーバスになる

肛門科へ行く時は結構勇気がいります。

なぜなら肛門を指やら肛門鏡やらでグリグリされるからです(泣)

これが超絶、痛くて気持ち悪い…。

私は過去何度も肛門科のお世話になっておりますが、いまだに慣れません。

そして診察の結果は…。

「疣痔&切れ痔のコンビネーション」が炸裂しているとのことでした(汗)

止血剤と軟膏をたっぷりと頂き、帰ってきました。
何か悪いものでは無くて安心しましたが、できればもう肛門で悩まされるのは勘弁してほしいと思います。

肛門は切れるのに、クローン病と肛門病変は切っても切れない仲なのか…。
ほんとうに嫌な病気ですね。

 

 

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*