クローン病患者が中学時代の友人3人と飲んだ時の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この間、中学時代の友人から「今度〇〇と××誘って飲みに行こう」と連絡があり久しぶりに4人で飲みに行ってきました。

私「□□からご飯誘うなんて珍しいな」

友人「実は9月に結婚する事になってその報告をしたくて、集まってもらってん」

一同「エェー!マジで!おめでとう!!」

と言う事で、ただの飲み会ではなく、友人の馴れ初めを聞く会として飲み会が開催されました。

私の年齢は今年で37。

もう立派なオジサンの部類です。気持ちはまだまだ若いつもりですが、いろんなところにガタがきはじめている年代です。

この年になると周りは結婚して家庭を持っているため、その友人の結婚報告を聞いた時は「ようやくかー!」と感じたのが正直な感想でした。

その友人も周りがどんどん結婚して家庭をもつ中、老後を考えた時に「一人でいるのは嫌だ!」と思い結婚を真剣に考えたそうです。しかし、お世辞にもその友人はイケメンの部類ではありません。自分でもそこらへんは自覚していたそうです。さらに職場や私生活において女性と知り合う場もない事から、彼はいわゆる「婚活サイト」に登録し結婚相手を探し始めたのです。

婚活サイト

私は正直なところ婚活サイトと聞いて、あまり良い印象はなかったのですがその友人の話によると、かなりシステムがしっかりしているようでした。

まず登録の時点でめちゃくちゃ様々な審査(年収の証明書の提出とか、独身の証明書とか)があるらしく、真剣にパートナーを探しているかどうかが判断されて、それを潜り抜けることができると晴れて会員になれるそうです。さらに年会費だったか月額だったか忘れましたがそれもまぁまぁ良い金額を払うようになっており、遊びで手を出せるようなものではないという事でした。

そうして婚活サイトの会員になった友人は婚活を始めたのですが、めちゃくちゃフラれまくったそうです。と言うのも「今までちゃんと女性とコミュニケーションを取る機会がなかった(経験不足)」+「自分はイケてると勘違いしている(自意識過剰)」のダブルコンボが炸裂し、こっちが良いなと思っても、相手からごめんなさいをされると言う悲しい結果になったそうです。

最初は「相手に見る目がない」とナルシストぶっていたのですが、あまりにもフラれ続けるので「ひょっとして俺に原因があるんじゃないか?」と30代後半でようやく自分に問題があると気づくというイタイやつなんですよ(笑)

そういう気づきを得ながら婚活することなんと3年!!

ついに、そんなイタイ友人を好いてくれる伴侶に巡り会うことができ、晴れて婚約となったそうです。

いやーすごいわ。

その結婚に対する情熱。マジで尊敬しました。私の周りでも独身がごく一部いるんですが、だいたい

  • まだ結婚しなくてもいい(そのうち出来る)と考えている
  • そもそも結婚する気がない

の2パターンに属しているので「早く結婚したい!」という人って珍しいんです。どんな形の出会いだとしても「結婚する!」という明確な目標をもち、その目標を達成するために、様々な方法を試し行動するその友人のバイタリティには感動を覚えました。

独身野郎

そんな馴れ初めをアテにご飯を食べていたんですが、その場にいたのは私を含めて4人。今回結婚が決まった友人以外の2人は独身でした。

婚約済みの友人が「で、〇〇と××は結婚とか考えへんの?」と、やや上から目線で友人2名に聞いていましたが2人の答えは

友人A「結婚する気がない」
友人B「する気はあるけど相手を自分から探そうと思わない」

というもので、私は「こりゃ当分結婚の話は出てこないな」と感じました。
ちなみにこの2人も残念ながらイケメンの部類ではありません(笑)はたからこの会話を聞いている人がいたら完全に「負け惜しみ感」ハンパない感じに映ると思います(笑)

でも、今の時代「結婚=幸せ」かと言われるとそうでもないと思いますので、自分なりの幸せを掴むために日々努力していけばいいんじゃないかなと思った次第であります。

「自分の幸せは自分で決める」

こういった当たり前のことを再確認することができた、飲み会でした。

この飲み会で私は梅酒ロックを2杯飲み、さらに友人が頼んだステーキがあまりにも美味しそうだったので2口ほど食させて頂いたところ、次の日から体調を崩したのは言うまでもありません。

が、ステーキがめちゃくちゃ美味しくて幸せでした。自分で決断した事なので後悔はしていません(笑)

ではまた!

 

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ヒデ より:

    ご無沙汰しております。
    入院手術でお世話になりました、ヒデです。

    婚活活動をしていたお友達は
    ご自分のウィークポイントを悟られたと思います。
    決してイタイ友達ではないですよ。

    僕の知り合いの友達
    M(女性)は
    既婚者にすり寄って結婚を求めるらしいです。
    「笑いすぎて、ボディーブローを喰らいました⌋

    ある意味、強者です 脅威です💧

    最近、そんな輩が多いみたいですよ⤵️
    kengorouさんも気をつけましょう

    僕も気をつけます。

    1. kengorou より:

      ヒデさん

      コメントありがとうございます!
      あれから具合の方はいかかですか?
      私は時折体調を崩しながらもなんとか生きております(笑)
      既婚者にすり寄る女性がいるとは、なんとも驚きです(汗)
      すでに私にはそんな女性はよりついてこないとは思いますが、注意しておこうと思います!

      1. ヒデ より:

        お気遣いありがとうございます。

        僕の方は体調的には大丈夫なのですが、体力面で少し自信がないです。

        「無理と限界の見極め⌋が大切ですよね。

        日にち薬と思って、ボチボチやっています。

        1. kengorou より:

          「無理と限界の見極め」は本当に難しいですもんね(汗)
          私もその線引きを間違えてよく体調を崩しますw
          とにかく、もう入院も手術も嫌なので生活に気をつけていきたいと思います。

コメントを残す

*