8月10日レミケード20回目体験記【再倍量投与1回目&フェジン注入】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


8月10日レミケード20回目体験記【再倍量投与1回目&フェジン注入】
クソ暑い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
まもなくお盆休みに突入です。
もう休みの方もいるかもしれませんが、連休中は体調をベストな状態で過ごしたいですね!!
さて、前回のレミケードから8週が経ったのでレミケードを打ちに行ってきたのですが、今回は倍量投与に挑戦です。
イムランを止めて、レミケードの倍量投与がどこまで効くのか実験します。

イムランを止めてみて

前回のレミケードから4週間後の診察の時にCRPの値が下がっていないのをうけ、イムランを中止し次回から倍量投与をしてみようという事になりました。
実際にイムランを止めてみた感想ですが、一時期痔瘻くんが暴れ出し、イムランを中止したせいか!!??
とわめきましたが、どうやら一時期的なものだったらしく、その後は特に変わったことはありませんでした。
また、今回の血液検査の結果ですが、イムランを中止したことによって白血球が増えているかな?
と思ったのですが、結果は正常だったので一安心です。
血液検査の知識

倍量投与がどうでるか

今回の血液検査で改めて数値を見ると、CRPは1.4と基準値オーバー(汗)
さらに貧血を見る値も基準値以下で貧血気味との事。
栄養吸収の目安となる、総タンパクとアルブミンも基準値より低い値となっていました。
まぁ、ここ最近正常な値は白血球くらいで、後は大概おかしいので気にしないようにしています(汗)
レミケードの倍量投与でCRPが下がり、それによって栄養吸収が上手く出来るようになってくれれば嬉しいです。
という事で、副作用もなくレミケードの倍量投与をし、貧血だったので鉄剤のフェジンを投与して帰ってきました。
この結果が、吉と出るか凶と出るか…
4週間後の定期検診が楽しみです(笑)
皆さんよい連休を!!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. 友ママ より:

    こんにちは(o゚▽゚)o
    レミケイドのことで聞きたいです。私の子どもが救急車で運ばれ入院して以来、レミケイドが倍量投与になって2回目を済ませてきました。先生は倍量投与にしたら、その後はずっと倍量になると言われましたが、もう通常には戻れないのでしょうか?やはり身体への負担が大きいんじゃないか…倍量投与に慣れて薬の効きめがなくなるんじゃないか…と考えると不安です。教えてくれたら嬉しいです。

  2. kengorou より:

    >友ママさん
    コメントありがとうございます☆
    返事が遅くなってしまい申し訳ありません(汗)
    レミケードの倍量投与ですが、基本的にはずっと倍量投与になるとおもいます。
    うちの主治医いわく、倍量投与が一番効き目が良いようなのでそのため、その量で調子が良いのであればずっとその量になるそうです。
    しかし、私のようになぜが倍量で調子が悪くなるなどした場合には、通常量に戻す事もありますので二度と通常量に戻せないと言うことはありません。
    身体への負担は通常量であろうが倍量であろうが、レミケードの働きは同じなので変わりないと思いますよ。
    薬の効き目ですが、これも通常量であろうが倍量であろうが、身体の中にレミケードに対する抗体が出来てしまえば同じですので、気にすることないと思いますよ☆
    もっと詳しく聞きたい場合は主治医に聞いて下さいね☆
    子供さんの体調が良い状態で続くといいですね☆

コメントを残す

*

two + 4 =