お腹に優しい低脂質のおやつ「三色団子」を食べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


お腹に優しい低脂質のおやつ「三色団子」を食べる
クローン病の方でも安心して食べられると思われるおやつ(お菓子)として、私がハマっていたのが「みたらし団子」です。
最近ハマっているクローン病でも安心して食べられるおやつ [2010/11/27]
今でも食べているんですが、たまには違う物も食べてみようということで、嫁さんが買ってきてくれたのが
「三色団子」です(笑)
また、団子かい!!って突っ込まれそうですが、やっぱり低脂質・低蛋白の団子が一番安心して食べられますね(笑)

何故団子なのか?

以前「みたらし団子」の記事でも書きましたが、団子がクローン病に良いのは低脂質・低蛋白は当然として、水溶性食物繊維が含まれており、便通を整える作用があるからなのです。
お米には少し消化されない部分があり、それが大腸に行って腸内細菌の餌になり腸内環境を整えてくれます。
また水溶性食物繊維が腸の余分な水分を吸収し、下痢気味の状態を緩和してくれるらしいのです。
う~ん☆ベリーグッドですね!
これらの理由で私のおやつは団子なのです(笑)
ちなみに三色団子はこんなやつ。
安けりゃスーパーで98円くらいで売ってます。
三色団子
京都老舗和菓子屋が作る天然着色料の三色団子

気になる成分は?

この「三色団子」の成分を見てみましょう!
それがこちら!
三色団子の成分表
団子1本で、タンパク質が1.7gの脂質が0.5gです。
これならクローン病でも安心の量ですね☆
そして注目がカロリーです!
1本で122kcalも摂れるので高カロリーが必要なクローン病にはさらにもってこいです!
また、三色団子は家庭でも簡単に作れるそうですので、料理が得意な方はやってみてはいかがでしょうか?
三色団子の作り方

クローン病ってこんな病気
潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事
クロ-ン病患者が本当にききたいこと
----------------------------------------------------------------------–
(2月7日の食事と体重)
【  朝の食事   】エレンタール,おにぎり = 400kcal(脂質3g)
【  昼の食事   】会社の弁当 = 300kcal(脂質5g)
【   間食    】エレンタール = 300kcal(脂質0g)
【  夜の食事   】うどん,おにぎり,エレンタール = 900kcal(脂質10g)
【 総摂取カロリー 】1900kcal(脂質18g)
【 体重(朝計測時)】52.0kg
【 体重(夜計測時)】53.5kg
【   腹痛    】なし
【  肛門痛    】なし
【  便の回数   】朝普通便
【   出血    】なし
【   体温    】午前:36.4度 午後:測定なし
----------------------------------------------------------------------–

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ぐみぐみ♪ より:

    PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
    はじめまして(^-^)
    低脂質*低蛋白質*水溶性食物繊維*なおやつといえばグミなんてぴったりなんじゃないかなぁっとふと思ってコメントしてみました(^o^)/
    ちなみに私は果汁グミにはまってます(^3^)摂取目的はコラーゲンです♪

コメントを残す

*

eight − 6 =