今のクローン病の現状であれば牛タン食べても大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


この間コメントにて面白い事を聞きました。

将棋の記事にコメント頂いたんですが、その方は「クローン病 牛タン」で検索して私のブログを見てくれたようです(笑)

そんな記事過去に書いたかな?と思って試しにググってみたら

クローン病の俺が焼き肉食べてみた(笑)

っていう記事がヒットしました(笑)しかも「牛タン」という文字は使っていなくて「上塩タン」を食べたと書かれてありました。懐かしい…。やはりクローン病でも焼肉は食べたいですよね。年とともにだんだん「焼肉食いてー!」って気持ちは薄れてきますが、それでもたまには食べたい衝動に駆られます。

この事を通してクローン病になった方で「焼肉って食べてもいいのかな?」って思っている患者さんたちが一定数いて、ネットで調べたりしているんだなと思ったので、クローン病の患者が焼肉食べても大丈夫なのかどうかについて書いたいと思います。

自分の症状を正確に把握する事

はい。もうこれが答えなんですが「自分のクローン病の現状がどうなのか」という事を把握する事が重要じゃないかと思っています。

抗TNFα抗体製剤で治療してて、内視鏡で粘膜の炎症も無し、もちろんCPRの値も基準値以下、腹痛・下痢無しっていう寛解状態であれば、焼肉食べても全然大丈夫だと思います。ただし、いくら寛解中とはいえ脂っこい肉を「もう肉見たくない」「気持ち悪い」というくらい食べるのは速攻でクローン病が悪化する場合があるのでやめたほうがいいと思いますが、ほどほどであれば問題ないんじゃないかと思います。

しかし、クローン病の症状は人それぞれ。

超寛解中でも肉一切れ食べて悪化する人もいるかもしれません。ここらへんのさじ加減は「食べてみて判断する」しか方法はないと思います(汗)クローン病患者あるあるの人体実験ってやつです(笑)
「寛解状態だけど肉食べていいか不安」って方は主治医に聞いてみるのもいいでしょう。ちなみに私の主治医は「kengorouさんの状態なら、たまに食べるくらい全然いいよ!食べな。食べな。」って猛プッシュしてくれます(笑)

現在私はいわゆる「寛解」という状態です。
貧血はあるものの「ヒュミラ」のおかげで、CRPは正常値で腹痛・下痢無しです。まだ今年は内視鏡していないので腸の粘膜が正常かどうかはわかりませんが、私の場合この状態であれば経験上「牛タン」5枚は食べても大丈夫です(笑)あぁ美味しい塩牛タンをレモン汁で食べたい…。そしてご飯をほおばって、たまに滴る程タレをつけてさらにご飯を頬張りたい…。

想像しただけでヨダレ出そうになる焼肉って最高ですね!

結論

血液検査などのデーターと体調がバッチリであれば「焼肉食ってよし!」(ただし人による)

検査結果悪いけど体調はいいし…っていう人は自己責任で判断しましょう。私の経験上、検査結果悪いけど大丈夫だろうとNG食を食べ続けた結果、痔瘻が再発したり、クローン病が悪化したのでお勧めできません。

はよクローン病の原因が分かって、根治が可能になればこんな事で悩まなくて済むのにね(汗)
クローン病が完治した際には、焼肉、焼き鳥、ステーキ、ハンバーグ、ラーメンという打線を組んで飯を食べたいと思います(笑)

ではまた!

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. さざなみ より:

    おもしろい主治医さんですね(笑)僕も主治医と相談したり、各種データを見てみたりしますね。

    ただ、記事を読んだ感じだと、かなり良い寛解状態じゃないと焼き肉は無理そうなので、僕は無理かなあ。残念!

    ただ、じゃあ何屋なら行けるんだよ! とは思います。IBDでも行きやすい外食、気になります。
    このブログに辿り着いたばかりなので、もしすでにそういう記事があったならすみません! では。

    1. kengorou kengorou より:

      さざなみさん

      コメントありがとうございます!
      インフュージョンの主治医はかなり話しやすく時間もたっぷりとってくれるので聞きたいこと聞けてとてもいいです!!
      IBDでもいける外食といえば「うどん」「そば」「寿司」です!(笑)
      肉系は寛解じゃないと厳しいかもしれませんね(汗)

コメントを残す

*

fourteen − 9 =