抗体治療しているクローン病患者は確定申告で医療費控除が受けれます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年もあとわずかとなってきました。

いつもこの時期になると来年の確定申告に向けて色々準備します。

普通のサラリーマンにはあまり馴染みのない確定申告ですが、副業で利益が20万以上ある方や、我々のように「ヒュミラ」や「レミケード」「ステラーラ」などの抗体治療を受けていて年間の医療費が10万以上の方は確定申告が必要になります。

副業等で利益のある方の確定申告は所得税や住民税が徴収されるので気が進まないイヤーな作業なんですが、医療費を沢山払っている場合の確定申告は医療費控除を受けることができ、少しお金(還付金)が戻ってくることがありますので必ずやっておきましょう!

で、医療費控除を受けるために必要な条件は

1年間の医療費の合計が10万円を超えているかどうか

です。ですので抗体治療を受けているクローン病患者はもれなく該当すると思いますし、家族全員の医療費を合算出来ますのでちゃんと計算することで少しでも多くの還付金を受け取ることが出来ます。

ちなみにこの制度は「あなたは10万円を超えたから申告しなさい」とは、誰も教えてくれません。自分で調べて申告しないといけないという残酷な制度ですのでぜひ覚えておきましょう!!

えー!そうなの!!って思った方、安心してください。

領収書が残っていることが条件ですが、過去5年以内の分も控除が受けられるので来年の確定申告に向けて準備をしましょう。

医療費控除についての詳しい説明はgoogle様に聞いた方が詳しいので、ここでは説明しません。悪しからず(汗)

とりあえず2017年10月までの医療費を計算してみた

私は6人家族で子供も小さいのでよく病院に行きます。

ですので領収書がものすごい量になるので、毎年この時期に早めに計算します。

で、取り急ぎ10月までの医療費を計算してみたんですが、

すでに14万以上ありました(汗)

どんだけ医療費かかってねん…。そりゃお金も貯まらんわな(泣)

クローン病の特定疾患だけで私の場合、月の上限が1万円なので年間最低12万かかります。それにプラス家族5人分の医療費なんでそりゃこれくらいいきますよね(汗)

はぁー、きっつー。

ってな訳で、レミケード、ヒュミラ、ステラーラを受けているクローン病の皆さんは確定申告しましょうね。

Kindle Unlimitedなら0円で読めるので「医療費控除?なにそれ美味しいの?」って方は以下の本を読んでみてはいかがでしょうか。
今の時代は情報を知っているかどうかで、損したり得したりしますので常にアンテナを張っておく必要があります。

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

nineteen − 7 =