PM2.5と黄砂に注意!発がん性の高い物質に変化するらしいぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


PM2.5と黄砂に注意!発がん性高い物質に変化するらしいぞ!
怖い情報がありましたのでシェアしたいと思います。
NHKのニュースにて以下のように書かれていました。
※3月28日分

大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています。
NHK NEWS WEB

これからの時期に黄砂やPM2.5が日本にも届くようになりますので、注意が必要です!!

発がん性100倍!!

さらに元の記事には以下のように書かれています。

金沢大学医薬保健研究域薬学系の早川和一教授らの研究グループは、毎年春の黄砂が多く飛んでくる時期に、PM2.5の中でも発がん性が極めて高いとされる「NPAH」と呼ばれる物質の濃度が高くなることに着目しました。
そして、大気中に含まれる「窒素酸化物」とPM2.5に必ず含まれる「PAH」が入った容器に黄砂を入れて拡散させる実験を行ったところ、NPAHに変化することが分かったということです。
NPAHは、多くの研究者の実験で肺がんなどを引き起こすリスクがPAHよりも100倍以上高いことが示されています。
早川教授は「これまで黄砂だけ、PM2.5だけで対策を考えていたが、複合影響があるという前提で対策を立てることが大切だ。共に多く観測される時期は、PM2.5を通さないマスクを着けるなど特に気をつけてほしい」と話しています。
この研究成果は、28日、熊本市で開かれる日本薬学会で発表されることになっています。
NHK NEWS WEB

なんと、黄砂とpm2.5が混ざると発がん性が100倍高い物質が出来るんだそうです(汗)
そんなもんが日本に流れてくるんかい!!
とおもったらゾッとしますね!!!
こりゃ、これからの季節は花粉症や風邪じゃなくてもマスク必須やで!!!
PM2.5危惧される健康への影響

北海道の方は注意!!

また別の記事(3月27日)では北海道の室蘭でPM2.5の注意報がでていたそうです。

北海道室蘭市は27日、大気汚染の原因となり、呼吸器系疾患を引き起こすとされる微小粒子状物質(PM2.5)の1日の平均濃度が、同市で国の暫定指針である1立方メートル当たり70マイクロ・グラムを超える可能性があるとして、市民に外出自粛などを呼びかける注意喚起を出した。
ヨミドクター

もう日本全国どこでも飛んできそうですね(汗)
クローン病をコントロールするのに必死なのに黄砂やPM2.5にまで気を配らないといけないというのは、なんとも辛いことです。
さらに子供が小さいので、余計に心配になりますよね。
空気清浄機や洗濯モノを屋内で干すなどの対策が必要になってきますので、早めに準備しといた方が良いかもしれません。
かくいう私も布団を屋内で干せるように、室内用の物干しを買いました(笑)
屋内物干し
多機能物干しアイリスオーヤマ

空気洗浄機も消費税上がる前に買おうかと思っていたのですが、その前に10年間使った洗濯機を買い換える方が先だったので、空気洗浄機は後回しになりました(笑)
消費税が上がってからのセールに期待しつつ、黄砂とPM2.5に備えていきたいと思います!!
ではまた☆

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ドン より:

    タバコは同じ(それ以上の?)破壊力を持ってますので、タバコも禁煙または完璧な分煙になるようにしたいですね。

  2. kengorou より:

    >ドンさん
    コメントありがとうございます☆
    タバコってそんなにヤバイものだったんですね(汗)
    私はたばこを止めて3年になりますが、病気になってなかったらたぶんまだ吸い続けていたでしょうね(汗)

コメントを残す

*

3 × four =