なぜ「ニセ医学」に騙されてしまうのか?の記事が色々考えさせられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なぜ「ニセ医学」に騙されてしまうのか?の記事が色々考えさせられる
どうも!
なぜかここ2日で肛門様の調子が悪くなったkengorouです(泣)
ネット上で見つけた記事が色々考えさせれる内容だったのでシェアしたいと思います。

「ニセ医学」

私が興味を持った記事はこちら。
なぜ「ニセ医学」に騙されてしまうのか?
『「ニセ医学」に騙されないために』著者・NATROM氏インタビュー

医学の形態をとりながら、実は医学ではない「ニセ医学」というものがある。テレビや雑誌、書籍でもたびたび見かける、標準医療を否定する人びとやなんだか怪しい健康法。なかには、高額なお金を要求するものや、患者が命の危険に晒されると、病院に丸投げするようなものまである。『「ニセ医学」に騙されないために』(メタモル出版)には、そうした「ニセ医学」の中でも特に酷い事例が羅列されており、「ニセ医学」の基本的な手口を知るのにうってつけの一冊だ。著者・NATROM氏に、人びとが「ニセ医学」に騙されてしまう背景についてお話を伺った。

という書き出しで書かれており、とても興味を持ってしまいました。
クローン病は「完治」が難しい難病と指定されています。
今までは普通に過ごしていたのに、ある日を境に体調を崩し、病院へ行き医者から
「難病です。一生治らない病気です。」
なんて宣告されたら、めちゃくちゃビビりますよね。
標準治療で治らないんだったら、他の方法があるんじゃないか??
と思うのは至極同然の事だと思います。
私も初期の頃はそう思っていましたので、健康食品などを試していた時期がありました。
しかし記事でも書かれていたのですが

「ニセ医学」というのは、医学の形態をとっているけれども、実は医学的な根拠がないもののことを言います。大雑把にくくれば、「ニセ医学」は、「ニセ科学」に含まれるでしょう。ニセ科学というのは、科学的のように見せかけているけれど、科学的な根拠のないもののことです。

とあるように、標準医療以外は医学的な根拠が無いとありました。
健康食品が体にいい!とどこかで聞いたとしても医学的根拠が無ければそれは「ニセ医学」と言う訳です。
さらに記事では「ニセ医学」といっても厳密に定義する事は難しいと書いてあります。

「ニセ医学」を厳密に定義付けすることが難しいからなんですね。医学と「ニセ医学」ははっきりと境界線を引けるわけではなく、グレーゾーンのものも多々あります。一方の端に十分に根拠(エビデンス)のある正統な医学があり、もう一方の端に根拠がまったくない明らかな「ニセ医学」があって、その間にはグレーゾーンが広がっています。科学とニセ科学の間以上に、医学の分野においてグレーゾーンは広大です。

このようにグレーゾーンがあるため、患者は悩む事になるんですね。
「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

クローン病あるある。標準治療vs漢方

クローン病で標準治療と言えば「栄養療法」「化学療法」があり、前者はエレンタールやラコールなどを食事代わりに摂取する方法。後者は最近で言えばレミケードやヒュミラ、また従来の免疫抑制剤などがあげられると思います。
またクローン病で標準治療以外というと「漢方」や「整体」「針・灸」などになるのでしょうか。
よくクローン病ではこの標準治療 VS 漢方(その他)という治療方法について、議論になる事がありますが、なぜそんな議論が生まれるんだろうと考えたとき、この記事に書かれているグレーゾーンが関係しているためと思いました。
まず私たちが覚えておかないといけないのは、標準治療として行われている事は医学的に根拠(エビデンス)があるという事。そして、それ以外の治療は効果があるかもしれないが根拠(エビデンス)が確立されていない事です。
それを前提としながらも、グレーゾーンがある為に漢方などは根拠(エビデンス)が確立されていないだけで、本当はドンピシャでクローン病に効果があるかもしれない…と思っちゃう訳です。
そして、私も思っちゃってる訳です(笑)
それをふまえた上で治療方針を自分で選んでいかなくてはなりません。
私は現在「栄養療法」と「化学療法」の両方を行ってなんとか毎日をヒーヒー言いながら頑張っています(笑)
「栄養療法」と「化学療法」しか取り入れていませんが、だからといって標準治療以外のものを否定している訳ではありません。
この記事の著者も書かれていますが、

「ニセ医学」の中で、例えばホメオパシー[*2]を信じている患者さんがぼくの外来にいらっしゃったとします。その場合、こちらからホメオパシーを否定することはありません。もちろん「ホメオパシーの効果について先生の意見を聞かせてください」と尋ねられたら、専門家として自分の考えをお話しますが、なにも聞かれなかった場合は、「そんなの駄目ですよ!いますぐやめなさい!」なんてことは言いません。とはいえ、ぼくからお話をして考えが変わりそうな方の場合は別ですが。患者さんが信じているものを無下に否定して、信頼関係が構築できなくなるよりは、「ホメオパシーもいいけど、ぼくの治療も受けてくださいね」と言った方がよっぽど患者さんのためになる。ぼくはそう考えています。

とあるように、どちらも取り入れるような柔軟な考え方で治療に取り組んでいければいいんじゃないかと私は思う訳です。
書けば書くほど何が言いたいのか分からなくなってきましたが、この記事は面白いので興味がある方は読んでみて下さい☆
ではまた!!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. クロン四年生 より:

    こんにちは!再びお邪魔します(._.)
    何でも食べられるようになると言われたら怪しい治療法も試してしまいそうな自分がコワイ(汗)
    本当は栄養療法だけでやっていけたら良いけど食欲が邪魔をする(-_-;)
    エレンタールで食欲無くなる程の満腹感と満足感が得られたら最高なのに(笑)

  2. ドン より:

    人間って弱い生き物だからね。
    なんかのキッカケとタイミングで信じたいことに流れてしまう。
    思い込みもあるし。
    はたから見れば滑稽でしかない。
    滑稽で済めばいいけどね。

  3. kengorou より:

    >クロン四年生さん
    コメントありがとうございます☆
    そうですよね、栄養療法だけでいけるなら私もそうしたいです(汗)
    副作用もとりあえずは気にしなくても大丈夫ですしね☆

  4. kengorou より:

    >ドンさん
    コメントありがとうございます☆
    入院生活も順調なようで良かったですね☆
    やはり思い込みは危険ですよね…(汗)
    自分の体の事なので、様々な情報を吟味し、いろんな人の意見を聞いた上で判断できるようにしていきたいです☆

  5. livingearth より:

    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    エビデンスがなかったとしても、
    統計的に効果がありそうならば
    いいのでないでしょうか?
    データの真偽を確かめる必要はありますが、
    私の場合は可能性が高いと思われるものは
    全て取り入れてます。
    そもそも現代西洋医学が手を出せない
    難病ですから常識から少し外れるリスク
    を背負わなければ無投薬・超長期寛解を達成
    するのは難しいと思われます。

  6. protomed69 より:

    ニセ医学の蔓延は困ったことであるが、それを批判している医師たちが、理論的に間違った批判をしているのはそれ以上にあってはならないことです。科学というものは、最終的にすべて物理法則によって説明されるものです。したがって、ニセ医学を批判している医師たちが、物理法則や物理学の研究方法に反する批判の仕方をしてはならないのです。物理学の眼でみれば、デタラメな論証がされている。ニセ医学は明らかに正しくないが、それを批判している医師たちの主張が自動的に正しいことにはなりません。
    現代医学の標準医療の大部分はまもなく消滅するでしょう。薬物を使わなくても物理的に治療が可能だからです。きちんとした理論的根拠があるが、標準医療を否定することは、それだけでホメオパシーなどと同一視され、誹謗中傷・攻撃してくるおバカな人たちにはうんざりです。「とんでも医学備忘録」というほとんど読まれないブログを書いています。ご参考になれば、しかし、題名だけで内容を判断されないように。

  7. kengorou より:

    >livingearthさん
    コメントありがとうございます☆
    統計的に効果があると分かっているのならば、エビデンスも証明できるはずですよね?
    そもそもエビデンスとは統計的にも膨大な情報を元に確立されていくものではないでしょうか。
    標準治療以外の治療法も今後増えていってくれる事を願います☆

  8. kengorou より:

    >protomed69さん
    コメントありがとうございます☆
    確かに医師の主張が全て正しいという事はないでしょうね。
    ましてや医学にど素人である私達が「これが正しい!」「これは違う!」と判断できるものではありません。
    結局は何を(どの医者を)信じるか…というところに落ち着いてしまう気がします。

  9. livingearth より:

    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    言葉足らずでしたので、捕捉致します。
    統計とは、私自身が計算したものです。
    医療用エビデンスの為の統計とは、類似してますが別個です。
    既存の一般的な単一剤エビデンスだけではなく、
    真の意味でのテーラーメイドの医療を得ようとしております。

  10. kengorou より:

    > livingearthさん
    コメントありがとうございます☆
    livingearthさんは医療関係者の方なのでしょうかね??
    とするならば新しい治療法を研究されているという事でしょうか。
    クローン病の治療、原因解明に尽力のほどよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

3 × 2 =