「22年目の告白 私が殺人犯です」がスゲー面白かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、夜な夜な映画を観ることにハマっているENJOY IBD管理人のkengorouです。

昨年イレウスで緊急入院した時のことです。私は入院中超絶暇だったので、同じ病棟で同病患者っぽい人に声をかけまくり数人の戦友が出来ました(笑)

その時にデイルームでたわいもない話をしていたのですが、面白かった映画の話しになり、戦友の一人が

「藤原竜也が主演の『22年目の告白 私が殺人犯です』ってやつがメチャメチャ面白かったよ!」

と熱く語ってくれました。私は人から勧められたものはどんな興味の無いものでも必ず試してみる性格ですので、その時もiPhoneのメモ帳のやる事リストに『22年目の告白 私が殺人犯です』を書き込んでいました。

で、最近「アウトレイジ最終章」を借り、後日返しにいった時にこの『22年目の告白 私が殺人犯です』の事を思い出し、ついでに借りてきたという次第です。

意外な展開に引き込まれる

この映画をみていない人には見て欲しい作品なので、ネタバレはしませんが、概要だけ説明。

1995年、東京で起きた5件の連続絞殺事件。被害者を関係者1名と向かい合わせ、殺害の一部始終を目撃させるという残虐な手口を重ねた凶悪な事件は、被害者の1人に現役の警察官を含めながら、警察の必死の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。それから22年、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。男の名前は曾根崎雅人。彼の書いた告白手記はベストセラーとなり、一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

映画は藤原竜也が演じる「曾根崎雅人」を中心に進んでいきます。

犯人の目的は一体なんなのか?
何が目的でこのような事をしているのか?

見ているこっちもその意図を理解しようとしながら観ていくと、そこには意外な結末が…!!!

ってことであまりにもびっくりな展開で思わず私、巻き戻して2回観ました(笑)

それくらい意外な展開だったし、全ての点が線で繋がるような感じ?がとても印象的でした。

やはり、人が勧めてくれるのには意味があるんですね!!
とても面白かったです!!!

今年に入り観た映画は「アントマン&ワスプ」「アウトレイジ最終章」「22年目の告白 私が殺人犯です」と3本も観ることが出来ました!!
現在はアマゾンプライムで「ララランド」をiPhoneでチビチビ観ています(笑)

面白い映画や漫画に出会った時って、自分の世界が広がるような気がしますよね??

ですので、これからも色んなものに触れて体験していきたいと思います!

 

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*