吻合部潰瘍か?クローン病の潰瘍なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

入院しない!というのを今年の目標の1つとしていたのに早々に達成できなくなったENJOY IBD管理人のkengorouです。

先日受けた大腸内視鏡で、急性虫垂炎の際に切除した吻合部付近から出血の箇所があると聞かされ、それが吻合部潰瘍なのかクローン病による潰瘍なのかを精査する為にダブルバルーン内視鏡で、小腸側の手術箇所も検査することになりました。

まず吻合部潰瘍って何なのさ!?

って感じなんですが、どうやら腸の吻合部では血流が悪くなっているのでクローン病の場合、特に潰瘍ができたりすることがあるらしいです。通常は放っておくらしいんですが、大量に出血している場合や、繰り返す出血がある場合は最悪再手術という事もあるらしいです(汗)

おいおいおいおいー!

もう手術はこりごりなんだよー(泣)

ダブルバルーン内視鏡

とりあえず現時点では何とも判断できないので、ダブルバルーン内視鏡で小腸も精査して判断するそうです。

検査の結果、クローン病が原因の潰瘍であれば「治療の強化」が必要であり、吻合部潰瘍の場合であれば適宜処置(手術の可能性もあり)という形になるみたいです。

それにしても、クローン病ってうまくコントロール出来ないもんですね(汗)

新年早々、検査の為ではありますが入院することになりましたので、諦めて入院ライフを快適に過ごせるように準備したいと思います…。
はぁー、気が重い…。

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ドン より:

    大丈夫だ。
    ここで真面目に頑張っているエレンが生きる。
    どっちにしてもプラスαは、ある!
    こんなもんだ。
    落ち込まない。

    1. kengorou より:

      ドンさん

      コメントありがとうございます!
      こんなことも起こり得るのがクローン病なんですよね…。
      落ち込むと言うより、「こんなに節制してんのになんでだ!?」って言う悔しい気持ちが大きいです(汗)
      引き続きエレン頑張ります!

コメントを残す

*