いざという時に頼れるナプキン&オムツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ナプキンに過去何度も命を救われているENJOY IBD管理人のkengorouです。

クローン病が再燃してしまい体調不良の時は、お尻の栓が緩んでしまいがち。大丈夫だろうと油断している時に限って

「ぷりっ!」

とやってしまい、オケツに熱いものを感じてしまう事ありますよね?あれ?俺だけ??

いやいやそんな事ないでしょう。皆さん一度は経験しているはずです(笑)

そんな時に頼れるのが、ナプキンです!!

症状によって使い分ける

クローン病が再燃したとしても、症状には段階があります。

軽症であれば、薄いタイプのナプキン。

中等症であれば、夜用や多い日用ナプキンを。

そして重症なら大人用オムツと、症状に合わせてグレードを変えていくのがベストだと思います。

私は調子が悪い時は常に予備としてカバンにナプキンを常備しており、お漏らししてしまった時でも慌てず対処できるようにしております(笑)

腸の術後や内視鏡検査のあと、クローン病の再燃が重症化している時は迷わず「大人用オムツ」を履きましょう。
これはマジで安心感半端ないですから!!
きっと貴方をいざという時に救ってくれますよ(笑)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. まさお より:

    はじめまして クローン病まさおと申します。
    kengorouさんのブログを拝見させていただきました。

    私もクローン病患者です。2013年11月、30歳の時に診断されました。
    油断していると、ぷりっ…経験ありです(笑)。
    また、たまにお邪魔致します。
    ちなみに、私もブログやってます。名前はクローン病まさおのHappyLifeです。

    1. kengorou より:

      まさおさん

      コメントありがとうございます!
      ブログ読んで頂きありがとうございます!
      油断してお漏らし…やっぱり経験ありますよね(笑)
      私もブログ拝見させて頂きますね!!

コメントを残す

*