オケツの調子が悪くなってきたかも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クローン病が悪化してくる前兆はいつもオケツからと決まっているENJOY IBD管理人のkengorouです。

最近調子が良いので油断禁物だ!と意識しながら過ごしていたはずなのに、なんかオケツ(肛門)の様子がおかしい…。

肛門の様子がおかしいと言うことは、すなわちクローン病の炎症がジワっと広がってる可能性がある!!

もうクローン病と診断されてはや8年4ヵ月。「肛門痛→クローン病の症状悪化」のこのパターンは何度も経験してきたから、もう分かっているんです。

しかし、分からないことは何で肛門が痛くなるのかってことです。

クローン病の症状で多いものは肛門病変というが…

クローン病では肛門に病変が多いとされており、日本大腸肛門病学会のWebサイトには

クローン病の患者さんでは肛門に病変ができやすいことが知られています.その頻度は、いろいろなデータがありますが数十%から90%という数字があります。

また、クローン病が発症してからの年月が長くなればなるほど頻度は高くなります。

また、大腸病変を有する患者さんほど頻度は高くなります。
クローン病の肛門病変には、三種類あって、①クローン病の病変が肛門に発生したもの(一次病変)、②その病変が原因となっておこってくる病変(二次病変)、そして、③クローン病とは関係なしに偶然に発生した肛門病変(痔核、裂肛、痔瘻など)があります。

と書かれてあり、ほぼほぼクローン病の皆さんは肛門に何かしらの病変があることが分かります。

でも私が知る限り、体調が悪くなると肛門が痛くなる人って少ないんですが、皆さんはどうでしょうか?

肛門痛が発生した時は、絶食&エレンタールに切り替えます。そして炎症が落ち着いてくると同時に肛門痛もなくなるので早めの対策が大事だと思っております。

お腹痛いのも嫌ですが、肛門が痛いのもQOLがダダ下がりになるので勘弁してほしいです(泣)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*