術後45日が経ちました。退院後の様子について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お疲れ様です。

最近ブログをサボってツイッターばかりしているENJOY IBD管理人の(@kengorou)です。

早いもので小腸の狭窄を切除してから45日も経ちました。

え?そんなに経ったの??って自分でもビックリしています(汗)

退院後どんな状態だったのか半分以上忘れましたが、覚えている範囲で書いておこうと思います(笑)

退院後の食事について

退院後の楽しみといえばやはり食事です。

60日間の絶食をした後の病院食も感動ものでしたが、やはり家で食べる食事は別格でした。

でも絶食してたからなのか、ご飯1杯食べるだけでお腹がはちきれそうになってしまい、量があまり食べれません。
また術後という事もあり、脂質には気をつけて食事を取っていました。

で45日経って体重を測ってみたんですが、退院時は46キロまで減っていた体重ですが現在50キロまで増えていました。
1ヶ月ちょいで4キロの増加!!

これは良いのか?ちょっとハイペースで増えすぎなのか??

体重が増えるのは嬉しいのですが、腸に負担になっていたら元も子もないのでここら辺の加減をどうしたら良いのか次回の診察時に聞いてみたいと思います。

後エレンタールは1日3包以上は必ず取るようにしているのも体重増加の原因かな?
手術で病変を取ったので栄養の吸収が良くなったんだと思うのですがどうなんでしょうね??

手術の傷について

手術の傷については退院する頃にはほとんど痛くなかったので、退院後に「いててて!」となる事はありませんでした。

前回手術した時は結構退院後でも痛みが続いたので、少し拍子抜けしてしまいました(笑)

まぁ良い事なんですがね。

仕事について

手術の為に仕事を2週間以上お休みさせていただいたのですが、順調に復帰することができ今でも以前と同じように働かせていただいています。

幸い病気について理解がある職場であったのと、上司とも入院前に仕事の段取りを打ち合わせしていたので、休んでいる間も特に滞りなく仕事を回すことができていたことが大きいと思います。

IBDの患者はいつ入院などになるかわからないので、普段から仕事については人一倍管理をしておくことが大事ですね。

さて、次回の兵庫医大の診察は5月30日です。
この日はIBD外来で外科の受診となっており、切除した小腸の病理検査の結果と、今後の検査についての説明があると思います。
また兵庫医大での診察後、インフュージョンクリニックで診察となっており、病院のはしごをする予定です(汗)

幸い今は体調が良いので、この調子をなるべく維持して行きたいと思います。

ではまた!!

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. より:

    ご無沙汰しております。
    手術だけでなく、その前の絶食からお疲れさまでした。
    術後の経過も順調で素晴らしいですね。
    自分は術後の尻の傷の痛みで、1ヶ月ほど座るときは正座だったので(笑)。

    1. kengorou kengorou より:

      忍さん

      コメントありがとうございます!
      術後はお陰様で順調?に回復できました(汗)
      忍さんもお変わりないでしょうか??お互いいい状態をキープできるよう頑張りましょう!!

コメントを残す

*

three + twelve =