クローン病かも?って思ったら絶対専門病院へ行くべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クローン病って若い人が発症する率高いんですよ。

で、今の若い子ってWebに慣れてるじゃないですか。だから自分の体に異変あったらすぐググるんですよね。

例えば「最近下痢が続くなぁ」とか「食後に腹痛が絶対にあるな」とか「微熱が続くなぁ」とか、なんなら「肛門の横が腫れてきた!」とかそういう状況になったら病院行く前にスマホで調べると思うんですよ。

  • 下痢 続く
  • 肛門 痛い
  • 腹痛 食後

とかで検索すると「胃腸炎」やら「十二指腸潰瘍」やら「ガンの類」やら出てくると思うんですよね。んでさらに検索して行くうちに「クローン病」もしくは「潰瘍性大腸炎」に行き着たりすると思うんです。

その時に自分の症状が「クローン病」もしくは「潰瘍性大腸炎」に当てはまるなと少しでも思ったら、絶対にIBD(炎症性腸疾患)の専門病院で検査を受けるようにしてください。間違っても「いつもの近所の町医者で見てもらおう」とか思っちゃいけません。

大きい病院でもIBDを疑わない医者もいる

今でこそIBDは広く知れ渡るようになったかも知れませんが、それでも世間的にはIBDのことを知らない人の方が圧倒的に多いです。

それは医者にも言えることで、IBDのことをよくわかっていない医者はめっちゃいます。

現に私もクローン病と診断されるまでに、数件もの病院をハシゴしましたが、ずっと「胃腸炎」「通常の痔瘻」と診断され続けていました。内視鏡の結果を見ても「腸に炎症が見られますが大丈夫です」とか言われていました。

内視鏡までして大丈夫って言われたら「あぁ大丈夫なんだな」って普通信じちゃいますよ。

ですので、IBDかも?と思ったら必ずIBD専門の病院で検査をしてください。

どうやってIBDの専門病院を調べるか?

近畿地方であれば「兵庫医大」や「大阪大学医学部付属病院」に行けば間違いないでしょう。

また地方であれば「(都道府県)+IBD」などで検索すれば、IBDの専門医がいるかどうか調べることができると思います。

今からあなたが行こうとしている病院はIBDの事を熟知している医者がいるでしょうか?もう一度調べて見てください。

下手な病院へ行くとそれだけ余分に時間と費用がかかりますし、病状も進行していってしまいますので、必ず専門病院へ行くようにしてください。

少しでも病気の発覚が遅れる若者が減る事を祈っております。

ではまた!

 


関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*