術後はお腹の左側ばかり痛くなります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今週、大腸内視鏡検査を控えており超絶ナーバスなENJOY IBD管理人のkengorouです。

内視鏡嫌ですよねー。

中には「鎮静で眠っている間に終わるから全然よゆー」って人もいるみたいですが、私のようにあまり鎮静があまり効かず「痛い、痛い、痛いー!」って悶絶するタイプには苦痛以外の何者でもない検査です(汗)

さてなぜ検査をするのかと言うと、まずは昨年の手術からもうすぐで1年となるため、その手術部分の評価を行うためです。また、これまた昨年の会社で行った定期検診で「便潜血検査」にて陽性と判断されたため、これの原因究明の意味合いも含まれています。

しかし、これらとは別に自分にとってもう一つ気になっている症状の解決になるかもしれないと思っていることがあります。

左側の腹痛

クローン病と診断されてからと言うもの「腹痛」と「下痢」は日常茶飯事となっております。

しかし、腹痛が起きるのは術前は基本右側で発生していたんですね。それが昨年の術後より左側のお腹が痛くなることが多くなったんです。だいたい腹痛があると9割方左です。これは術後、腸になんらかの異変が起こっているのではないだろうか??と疑問に感じています。ですので、内視鏡を行うことで何か手がかりが見つかればいいなと思っている次第です。

カプセル内視鏡

今週は大腸の内視鏡検査ですが、本当は小腸を検査したいんです。

でも小腸の検査は辛い(汗)ダブルバルーンも小腸造影も辛い!苦しい!

じゃあカプセル内視鏡があるじゃない!と思うかもしれませんが、パテンシーやカプセルカメラを探す作業が辛い!!!!!!!

自分の汚物なのに精神的苦痛がハンパないんです(泣)なんとかこれクリアする方法は無いんだろうか…。とにかく検査を受けて自分のコンディションを整えたいと思います。

ではまた!

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*