7月21日 入院24日目 個室は自由だが気が滅入る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

個室に移ると電話も出来るし、パソコンも触れるし、テレビも見放題で自由に楽しめるイメージがありますが、それは体の調子がある程度良い状態である事が前提です。

私のように敗血症&DIC&AKIのように体にダメージを負った状態だと、パソコンどころかスマホも触りたくなくなります。あれほどゲーム好きだったのにこの入院期間中はほとんどログインしない状態だったので、退院した今でもゲームしなくなったほどです(汗)

相部屋だと周りも具合悪い人に囲まれているので、いい意味で雑音が聞こえてきて自分だけでなくみんな頑張っているんだなって思えるんですが、個室だと自分一人なので自分だけが辛い思いをしているように感じてきて体だけでなくメンタルも弱ってきます。

無気力状態が続く

とにかく2時間おきにトイレに行くのが辛い。そしてそれのせいで寝不足だったのがさらに辛かったです。
睡眠ってほんとうに大事だなとつくづく実感しました。

首に入れたCVから大量の点滴。2時間おきのトイレ。そしてベットでの安静&絶食という状態だったので、本当に何もしない時間が多く1日がとても長かったです。

本当にこの頃は一言で自分の状態を表すと「無気力」でしたね(汗)まぁ薬の副作用の可能性もありましたが、手術までの間とても辛かったのを覚えています。

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*