8月1日 入院35日目 明日はいよいよ手術。術前の準備をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いよいよ明日手術となりました。

ここまでの道のりは本当に長かった…。

5月辺りから腸閉塞(イレウス)の症状が出始めて、6月に入ってからは何を食べても腹痛が発生して何もできませんでした。

で、6月末に入院して7月頭に手術の予定だったのに、入院後に点滴のルートから細菌感染し、結果「敗血症」になってしまい手術が1ヶ月伸びました(泣)たかが1ヶ月のはずなのに、私にとってはめちゃくちゃ長い1ヶ月に感じました。

40度の高熱が6日間続き、おしっこがコーラの色に変化し、吐き気が止まらない状態で、先生からは「心筋炎の可能性」「透析の可能性」「腎不全の可能性」など恐ろしい事を言われまくり、本当に心身ともにぐちゃぐちゃになった1ヶ月でした。

初めて麻酔無しでチン○ンに管をいれ、血が足りずに輸血をするなど今まで体験した事ないことを乗り越え、ようやく手術に辿り着いた訳であります。

手術の準備で毛を剃る

さてそんなこんなで手術を明日に控え、当日の準備をおこないます。

まずは手術部位の剃毛です。

今回の私の手術は「小腸の癒着剥離の予定」ですが、癒着の範囲が分からないためかなり大きめにお腹を切る予定となっています。

ですのでヘソから下の毛を広範囲に剃り上げていきます。看護師さんが「今から剃毛の準備をしますのでしばらく待っててください」というので、どういう風に剃るのかな?と思いながら待っていると、病室に現れた看護師さんの手には「バリカン」が握られていました(笑)

私はてっきり剃刀で剃っていくもんだと思っていましたが、バリカンで一気に毛を刈り上げるみたいです(笑)

「では剃っていきますねー」

と勢いよく私のギャランドゥーとアンダーヘアの上っ面を刈り上げていきます。
しかも結構雑に(笑)

「はい終わりましたー!」

と颯爽と帰っていった後に自分で剃られた箇所を確認しましたが、メチャクチャ刈られた毛がくっついていて、それを処理するのに時間がかかりました(汗)

オムツを追加購入

毛を処理した後は物品の購入です。

手術には所定のオムツがいるようで、それを買いに売店へいきオムツを購入しました。

前日の準備としては以上で終わり。

後は体調を整えて本番を待つのみとなりました。

ちなみにこの時も敗血症時にやられた腎臓を守るために1日3リットルの水分を点滴で入れているので、2時間おきにトイレに行かなくてはならず、かれこれ3週間くらい寝不足が続いており、体調はめちゃくちゃ悪い状態でした(汗)

正直こんな状態で手術しても大丈夫なのかな?と不安だったのを今でも鮮明に覚えております。
結局最後までぐっすり安眠をとる事なく手術当日を迎えることになるのでした。

最近Kindleのコミックを買い漁って通勤時に読んでいます。ファブルは1回紙媒体で全部読んだことあるんだけど、無性にもう一回読みたくなって電子をポチポチしております。

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*