(イレウス入院11日目)本日の出来事と病棟の事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

明日ようやく一時退院となります。

手術は4月中旬。

長いなぁ…。

今日、先生が病室に来た際、改めて今後の話をしました。

とりあえず明日の退院は決定。手術までは無茶をしないように生活をする事を言われていました。
大丈夫です。フルエレンタールで過ごす事については自信ありませんが、無茶だけはしません。

食べ物についてはスープやコーヒー、ウィダーインゼリー、味噌汁はオッケーと再確認しました(笑)
ウィダーインゼリーとコーヒー飲めるなら朝昼は余裕でしのげるわ。多分(笑)

次回は約2週間後に受診

救急で運ばれた場合、退院後は約2週間後に受診しないといけない病院のルールがあるようです。

ですので次回は19日か20日のどちらかで兵庫医大に来ないといけません。

仕事休むの厳しいんだけどなぁ…(汗)まぁ仕方がないと諦めます。

お見舞いにきてくれた同病の友人

本日、外来で兵庫医大にきた同病の友人(先輩)がお見舞いに来てくれました。

実は先週も同じ病気の友人がお見舞いにきてくれたんですが、ブログに書くの忘れていましたw

お二人ともわざわざ来てくれてありがとうございました!

入院中は人と話す事が少なくなるので話し相手になってくれるだけでも嬉しいものです。

IBD患者がいる病棟に来て良かったと思う事

当初、救急で運ばれたときはベットが開いておらず泌尿器科で数日過ごしました。

そこからIBDの方が入院されている階に移り6日間過ごしました。ここで潰瘍性大腸炎の方や同じクローン病の方と様々にお話しすることができ、当初居た病棟に比べて格段に過ごしやすい環境になりました。

ただ、病室には恵まれず睡眠環境は悪かったです(笑)
それもなんとかデパスと眠剤でごまかして乗り越えることが出来ました。

一番仲良くして頂いた四国出身のクローン病のSさんとは仲良くなりすぎて、将棋を指して頂いたりしました(笑)
Sさんは年は違えど、私と病状が似ており、前回緊急手術を行なっていることや、今回も狭窄からイレウスを起こしそれを切除するための手術をするという全く同じ理由だった為、余計に親近感が湧いてしまいました。

ご自身が手術日の翌日で体が辛いにも関わらず、実家からわざわざお見舞いの品としてフルーツを持って来てくれ私に渡して下さいました。

大きくてすごく立派なフルーツでしょう!?

この心遣いに深く感動しました。Sさんの早期回復と今後の健康を祈っております!

また同室で潰瘍性大腸炎であるIさんとも交流を深めることができ、退院したらまた連絡をとりましょうとおっしゃってくれました。それぞれの方とLINEを交換したのでまた定期的に連絡をとりたいと思っています!

とにかく今日で入院生活が終了なので、明日からは手術まで頑張るぞ!

ではまた!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. ドン より:

    だいぶ前にブログに書いたはずだけど、高級煮干を買って、それで出汁を取り、豆腐の味噌汁をお勧めします。
    煮干の頭は取ること、安物は買わないこと。
    「コク」があり、身体と心が求める脂肪分を見事に満たしてくれます。

    先の見えない暗黒時代、どれだけこのエレガントな味噌汁に救われたことか・・・。
    どんぶりで頂いてた(笑)。

    1. kengorou kengorou より:

      ドンさん

      コメントありがとうございます!
      ドンさんから以前教えてもらった特製エレガント味噌汁は以前作りましたよ★
      高級煮干ではなかったけど、普通に作る味噌汁より美味しかったので、また作ってもらいます!

コメントを残す

*

nine − six =