ヒュミラを打ってから効果が現れるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ヒュミラを自分で打つようになってから注射に対するハードルが下がった気がするENJOY IBD管理人のkengorouです。

クローン病の治療として最初レミケードからスタートした私ですが、次第に効果が減弱し現在はヒュミラに切り替えて過ごしています。

ヒュミラは2週間に1度自分で注射する必要がありますが、レミケードのように通院する必要がない為、時間的メリットがあります。

効き目に関しては、私の体感的にですがレミケードの方がガツン!と効いていたような感じです。対してヒュミラですがガツンと効くのでは無く、ジワっと効くような感じがします。

効果が現れるまでの時間

薬の効き目が感じられる時間は人によって違ってきますが、レミケードをしていた時は、当日の午前中に投与すればその日の夕方には調子が良くなってた気がします。

それに対してヒュミラですが、投与した翌日だいたい24時間くらい経ってからでしょうか?それくらいに効いてきたかな?って感じがします。効いてる効いていないの判断ですが、私の場合調子が悪くなってくると肛門がひどく痛みます。この肛門痛が取れる時間でだいたい効いてきた時間を予想しています。

効果の減弱についてですが、現在のところは感じていません。しかし、NG食を食べたり睡眠時間が少なくなると体調を崩してしまいますので、普段の生活習慣は大事だと感じています。

即効性は感じられないヒュミラですが、その分長く効いてくれることを祈ります!!

あと、倍量投与を通常量に戻したらやっぱり効果も薄れるんだろうか…?

また主治医に聞いてみよう。

ではまた!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*