クローン病患者は確定申告して還付金をもらいましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年も気がつけば半月が過ぎました。年々年月が経つ速さに驚愕しているENJOY IBD管理人のkengorouです。

年初の最初のイベントといえば何が思い浮かびますでしょうか?

私は確定申告が真っ先に思い浮かびます(汗)

以前もこのブログで書いたんですが、クローン病で「ヒュミラ」や「レミケード」「ステラーラ」などの抗体治療を受けていて年間の医療費が10万以上かかっている方は確定申告する事で、還付金がいただける場合があります。

「抗体治療しているクローン病患者は確定申告で医療費控除が受けれます」
https://enjoyibd.com/kakuteishinkoku

ただこれには1年間の医療費を計算する必要があるので、大変なんですよね(汗)

医療費控除を受ける際に必要な事

手続きって聞くだけでめんどくさい感じがしますが慣れれば大丈夫です。ただし慣れるまでは超絶めんどくさいです(笑)医療費控除の計算方法は国税庁の確定申告コーナーから出来るんですが、毎年微妙に変化するんです(汗)エクセルの達人であれば多分簡単出来ると思います。私は今までやってきた経験があるのである程度スムーズにできますが、初見だとちょっと意味不明かも知れません。ググりながら頑張って作成しましょう。

で医療費控除を受けるのに必要なのは1年間の病院からもらう領収書だけです。
以前までは領収書を確定申告の際に提出する必要があったのですが、現在は無くても大丈夫です。
ただし、領収書はある程度の期間、保管しておく義務があるので結局は必要になります。

この領収書を元に、どの病院でどれだけの料金を支払ったのかをブラウザ上のフォームに記入していきます。これが家族全員分になるとかなり手間がかかるので、あらかじめエクセルなどで管理しておく事が重要です。必要な項目は「誰が」「どの施設(病院)で」「いくら支払ったか」この3つが分かれば記入できます。医療費には交通費も含める事が出来るので忘れずに加算しましょう。結構バカにならない金額になります。

とりあえず領収書がないと計算もできないし、証明もできないので病院からもらった領収書は絶対捨てないようにしましょうね!!!!

我が家は今年いくらかかったのか?

私毎年1月中に医療費の計算するんですが、昨年は入院手術も行った事もありなんと

191344円もかかってました!!!

もちろん私だけでなく家族分ひっくるめた金額ですが、これはやばい。まぁこのうち17万くらいは私なんですがね(泣)
これだけお金かかってたらそりゃ貯まりませんわな(汗)

今年もちゃんと確定申告して還付金いただきたいと思います。

ではまた!!!

関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*