(イレウス入院4日目)ネットに繋がっていないMacBook ProからiPhoneにメモを移す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日も時間を持て余しているkengorouです。
Kindleで本を読もうと思ったらiPhoneの通信容量が残り0.3ギガになってしまい、このままでは読書すら出来ない!
という事で急きょ嫁さんから0.5ギガを恵んで頂き、残り0.8ギガでやり繰りしています。

ブログを更新するにもiPhoneでやっていると通信量がかかってしまうのでなんとか出来ないかな?と考えていました。
で、ハッと思いついたのがMacBookで記事を作って、iPhoneに移してしまうという作戦です。

MacBook Proで記事をつくる

私、今回のバタバタの入院の最中、必要最低限の荷物をこしらえてから救急で運ばれたんですが、その荷物にちゃっかりMacBookを入れていたんです(笑)で、実際にやってみようと思ってMacBookのメモで記事を作ってみたもののMacBookにはネットが繋がっていないので、いつもiCloudで自動的にiPhoneと同期されていたものが出来ないという状態になってしまいました。

はて?どうしたものかと思いながら「USBで繋いだらなんとかなるんじゃ無いのかな」と漠然と思っていたのですが、これが大間違い。
ライトニングケーブル(USB)でMacとiPhoneを繋いでもメモ帳は同期してくれないみたいなんです。

残り少ない通信量を使ってあれやこれや調べて見てもネット無しでメモを同期する方法は見つかりませんでした。
唯一Mac側にあるソフトをインストールすれば可能みたいな記事はありましたが、Macがネットに繋がっていないのでソフトをインストールすることがそもそも出来ません。あぁこりゃダメかなと思ってMacのメモをいじっているとある項目を発見しました。

Macのメモ帳の機能を使ってiPhoneに記事を転送する

その機能とは「Air Drop」という機能です。
これを選択すると転送先を自動で検知してくれ、見つかった相手先に転送してくれるんです!!

おぉ!これだ!と思って早速送ってみたところ、もう完璧!!!
バッチリ記事が転送されていました。

この記事もその機能を利用してMacで書いたものです。

これで記事の作成スピードも格段にアップします。
猛烈にやる事がないのでせめてブログでもかいて暇つぶししたいと思います。
案外、病院ってネタの宝庫なんですよね!
書くこといっぱいありますので容量が尽きるまで更新したいと思います(笑)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. アロエ より:

    毎度楽しく拝見させていただいてます。
    入院中は、ほんと何に時間使うか考えちゃいますね。
    入院病棟でwi-fiが使えれば問題ないのですが・・・。
    ビジネスホテルみたいに手軽にアクセスできないですね。
    病院の事とか、入院生活の事とか、治療の事とか励みになるので
    また記事で教えてください!

    1. kengorou kengorou より:

      アロエさん

      コメントありがとうございます!
      ブログ書く事くらいしか暇つぶしが無いので色々書いてみますね!
      ネタはいっぱいあるんですけどね(笑)

コメントを残す

*

one × two =