内視鏡検査受けたら医療明細書を確認しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

間も無く兵庫医大に入獄されるENJOY IBD管理人のkengorouです。

クローン病の皆さんは必ず誰もが「内視鏡検査」していますよね?ってか、この検査をしないと確定診断できないですもんね。

で、この内視鏡検査ですが名前は検査って付いていますが、実際には「手術」も出来るって知っていましたか?

私この間、大腸内視鏡検査を受けたんですが、その時先生から

「出血があったんでクリップで止血しておきました」

と言われ「あぁそうなんだ」くらいの軽い気持ちで聞いていました。
で、お会計を済ましてから後で明細書をみてみると点数のところに「手術」って書いてあるじゃありませんか!「え?これ手術扱いなの?」と思って、自分が加入している保険に聞いてみたところ「手術扱いになります」との事で給付金が降りることになったのです!

内視鏡での止血処置って手術になるんですねー、知らなかったわー。

保険に入ってる場合は明細書を確認

私はクローン病と診断される前に生命保険に入っていました。

大概の生命保険には「手術給付金」や「入院給付金」が付いていると思います。ですので内視鏡に関わらず何か検査を受けたときは必ず医療明細書を確認するようにした方がいいです。

思わぬところで給付金の対象になりますので、必ずチェックするようにしましょう!!

今度、ダブルバルーンの検査で3日ほど入院するのですが、もちろんこれも給付金の対象になるそうです。

ありがたやー、ありがたやー!!

皆さんもくれぐれもご注意くださいませ!

ではまた!!

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*