4月15日・16日。術後4日目と5日目の入院生活について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日2記事目を書いています。

病院の中だと外の気温があまりわからないのですが、天気が良いので暖かいのでしょうね。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日のお昼から7部粥がスタートしました。てっきり重湯からスタートするもんだと思っていたのでビックリした反面、61日ぶりに固形物を食べたのでとても感動いたしました!

この感動もブログに書きたいので早足で過去記事を作成していきたいと思います。

前回の記事からの続きとなりますので初めてご覧になる方は下記の記事をお読みください。

4月15日(日)術後4日目の生活について

4日目にもなると常時感じて痛みはだいぶ無くなり、腸や体を動かすと痛いと言う状態になってきていました。

よし、これならブログが書けそうだと思い、愛しのMacbookProを颯爽と引っさげてデイルームにいきました。しかし、いざ書いて見ると長い(汗)久しぶりにキーボード打ってみると意外に疲れる事が判明いたしました。

また、この日は新たに潰瘍性大腸炎の方とお知り合いになる事が出来ました。

2月に入院した時から数えてクローン病の方3名、潰瘍性大腸炎の方2名と知り合う事ができ、色んな体験をお聞きする事が出来ました。

私はこれまで正直、クローン病(CD)と潰瘍性大腸炎(UC)は同じIBDでも全く別のものだと思っていました。
CDの方が全消化器官に炎症が起きる為、「UCは大腸だけだし」とどこかで「CDの方が辛いに決まっている」と言う偏見を持っていたんですね。でも今回、UCの方と様々なお話を聞かせていただく中でとても辛い経験をしながら現在まで過ごしてきた経緯を聞いて「CDとかUCとか関係ないな。それぞれで辛い事って異なってくるんだな」と当たり前っちゃ当たり前なんだけど改めてその気持ちを強く持つ事が出来ました。

と、同時に同病患者との交流を通じて日々の生活をもう一度見直そうと再度決意しました。

そしてこの日も1万歩歩けずに終了いたしました(笑)

4月16日(月)術後5日目の生活について

この日よりついにエレンタールが開始となりました。で、飲むのめんどくさいので鼻チューでやろうと思い、看護師さんにチューブとポンプを頼んだんですが、出てきたのがこちら。

渡された時に思わず出た言葉は

太っと!(汗)

でしたwww
逆にこんなチューブもあるんだと感心しました。太さにビックリ(感動)していると、看護師さんが「細いのに変更しますか?」と聞いてくれましたが、好奇心旺盛な私はどんなものなのか試してみたかったんでこのままで大丈夫と答えましたwwで、試してみたんですけど

やっぱり違和感はあるものの、細いチューブに比べてスルスルと入ってくれて、挿入はすげー楽でした!!
細いチューブは3回に1回は喉のあたりでトグロ巻いて戻ってきたりするんだけど、この太さならそれは無さそうなのでその点は評価したいと思います←何様

この日はリハビリウォーキングに加えて、ブログも書けたし同じ病棟の方から差し入れまでもらったりと充実した1日となりました。

次も2日分書いていきますのでお楽しみに!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実地医家のためのクロ-ン病治療症例集 [ 医薬ジャ-ナル社 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/19時点)

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*

seven + 20 =