ダブルバルーン検査入院2日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日もベットの上から更新です。
鎮静剤のお陰で寝てたらこんな時間になってしまったENJOY IBD管理人のkengorouです。

今日はダブルバルーン検査当日でした。
クローン病と診断されて9年目となりますが、初めて受ける検査でした。その為、昨日からドキドキしっぱなし(汗)

さて、実際の検査はどのような感じだったのか書いていこうと思います

前処置について

ダブルバルーン検査を行うには、大腸内視鏡検査と同じように、腸内を綺麗にする為の前処置を行います。

処置薬は定番の「モビプレップ」。
ニフレックよりはだいぶ飲みやすくなってるのですが、不味いには変わりありません。

朝6時からスタートし、8時半には大腸が綺麗になりました。お腹はゴロゴロ言いますが、ひとまずは前処置完了です。

検査について

検査は15時からの予定でしたが、15時になっても呼ばれず、まだかなー?まだかなー?とおもってたら16時過ぎに呼ばれました(汗)

おっそ!と思いながらも検査室へ。この検査室が物々しくて緊張感がマックスでした(汗)ベットに横たわり先生が「鎮静剤入れていきますねー」と言ってルートから入れてくれます。少し「ほわー」としてきたなぁとおもったら、いつのまにか寝ていたらしく検査がスタートしていました。

で、そのままなら良かったんですがやはり所々で「痛み」があったようでかなり暴れた記憶があります。そして無理矢理押さえつけられてオケツからカメラをぐいーっとやられ、「痛いー!」と夢と現実の狭間で叫んでいました。キツかったなー(泣)

で、次に気がついた時は病室のベットに横たわっていました。検査室から病室までの記憶がありません。不思議ですね。

ただ普通に苦痛だった事は覚えています。やっぱりオケツからのカメラはキライです(泣)

気になる結果ですが、看護師さんから「明日か明日以降に外来で聞いてください」と言われたので、どうなってたのか分かりません(汗)またわかり次第報告したいと思います!

ではまた!

 

関連記事

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*