7月13日 入院16日目 予断をゆるさないが、白血球が正常値に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

色んな処置を終えて2日目。

前回の血液検査が悪過ぎた為、毎日血液検査が行われるようになりました。

私の中では1日の中で40度の熱が繰り返し出る苦しさが無くなっただけでもかなり楽になっていたのですが、合併症として出てきたDIC(播種性血管内凝固症候群)や急性腎障害の影響が良くなかったらしく、先生方は気をつけて様子を見てくれていたようです。

この日の血液検査の結果は

朝、採血をすると昼までには結果が分かるようでそれを持って先生が今の状態を説明してくれます。

この日の結果は以下の通り。

上から順に赤い枠で囲っているのが、クレアチニンの値、炎症の値、血小板の値です。

クレアチニンも下がるどころか悪化しており、炎症の値は自分の歴史上最高値をマーク(汗)25.94って出るもんなの??血小板も減り続けていました。

ただ、白血球が正常値に戻っていた為、大元の原因である「敗血症」については効果が出ているとの事で、これが治ってくれば他の値も正常に戻るだろうとの事でした。

また、この日より2週間は抗生剤治療が必要なため、さらに手術が延期されることも伝えられました。

孤独との戦い

敗血症や合併症が良くなるのかどうかもわからない、手術の日程も決まらない、身体はしんどい…

こんな状況でも面会は禁止なので、本当に孤独との戦いでした。私はメンタルが元々くそ弱い人間なので1人ベットで横になっている状況が何よりも辛かったです。

コロナ禍の状況で私と同じ思いをしている人が何人もいるんだろうなと思いながら、とにかくまずは熱が平熱に戻ってくれることを願っていました。

熱の状態

抗生剤をチェンジしてからは本当によく効いてくれるようで、この日は38度台前半から37度台後半を推移していました。

身体は楽になりましたが、自分の足で歩くことは出来ず検査などは全て車椅子移動でした。

敗血症の菌が心臓や肺に悪さしていないかCTやレントゲン、心電図などありとあらゆる検査をされます。まだ完全に回復していない中での検査もなかなかの苦痛でしたね(汗)


関連記事



▼ENJOY IDB管理人が暇つぶしに作った動物サイトもよかったらご覧ください。

クローン病ブログ

その他のクローン病ブログはこちらから読めます。
↓ツイッターのフォローはこちら


SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*